タグ:mathias malzieu ( 3 ) タグの人気記事

Lost & Found (80代の活躍本)

デパートで7才の女の子、ミリーはママに言われた。
「ここで待っててね」
それがママの最後の言葉だった。

すっぽかしを食っても、きちんと待っているよい娘。
そばのマネキンと友だちになったり、「すぐ戻るから」とママに伝言を残してデパートを探検したりするうちに、カールと知りあう。
87才の養老施設を脱走した男やもめ。
その後ミリーの家の向かいに住む、82才の引きこもり寡婦も加わって、
4人の珍道中がはじまるとは、一体誰に想像ができただろうか。
4人?
ミリーとカール、アガサとマネキン。
二人分のバス代だけでメルボルンを目指す。
ママはどうやらメルボルンに向かった模様。6日後にはアメリカに飛び立つという。大変大変、急がなくっちゃ。

※※※
この物語には静がない。
メインの三人がひっきりなしに何かをしでかす。
生まれてきたからには攻めの姿勢にはいらないと。
自ら動く時が来た。
そして物事が動いていく。

久々に、読み終わるのが惜しい本。
オーストラリア発、ドタバタコメディ。
でもテーマは真剣。
「あなたもいつか死ぬのよ」
人に言ってやまない7才、
それから生物永遠のテーマ、「性」。

それ以外は、奇想天外な行動で、ピンチを切り抜けていく文無し旅行ストーリー。
単語は簡単、短文の連続でテンポはよし。登場人物は息づいている。
7才が主人公でこういう文章なら、通常児童書になるだろうが、永遠のテーマを抱えているので、完全に大人向けの本。
(永遠のテーマのメイン場面では、1ページ丸々一文、ピリオドなしで書かれていた。)
それから人の好意より自分の目的重視という、モラルに欠ける破格の行動もあるので、「これは作り事なのだから、これは物語なのだから」とわかる人じゃないと、ちょいと危険。
この危なさがウケる秘訣?
オーストラリアのベストセラーだそうな。

エピソードが盛りだくさんで、脇役も個性炸裂。語るよりもまず読んでもらいたい。
しかしあまりの臨場感のため、映画のトレーラー風に一発↓


逃げろ、逃げるんだ、デパートで警察に押さえられながら叫ぶカール(87)、
墓場でマネキンを振りかざし、青少年との乱闘に加わるアガサ(82)、

あなたたち、家族じゃないんだ。とバスの女性運転手。

列車の中でマダム曰く、- 強烈に変な子ね。
ミリー(7) - わかってるわ。

ママ、私はここよ、食堂車のテーブルクロスとメニュー、ナプキンに、大々的に書くミリー。
そして彼女の口癖は
あなたもいつか死ぬんだから。

ママァ、わたし連れてくるの、忘れてるよ~。

欠点があっても、言動が一致しなくても、心と行動が正反対でも、いいじゃないか、人間だもん。

b0321934_03582594.png









Lost & Found (Brooke Davis著)
オーストラリアンブックインダストリー賞、2015年フィクション部門受賞。


公式サイトはこちら、紹介ビデオあり。女の子が語りをやっているけれど、これはスタッフの娘さんだそうな。
あとがきに記されていた。
小さいころ母に強制された「お礼状」からはじまるあとがき。
応援してくれた人、環境、大学の教授への感謝の言葉へとつながっていく。
書いては見せ、書いては見せとしている間、はじめっから最後まで褒めまくってくれたのはお父様。
教授陣にも恵まれた。
「本泥棒」の マークース ズーサック、ローラーキングもオーストラリアだったのか。
奨学金で通わせてくれた環境へも感謝。
オスカーみたいだが、と本人が言いながら、親兄弟、親戚まで羅列。
大学生の答辞のようなものかいな。
つられて最後まで読んでしまった自分がいる。

※※※※※※※

オーストラリアといえば映画でウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr.Banks)というのがあった。あの子役が生粋のオーストラリアっ子。ああいうのがオージー英語なのかなあぁ。
次のもう一冊、オーストラリア本が読みかけであるので、次はこれを読むかもしれない。
b0321934_05035480.png b0321934_05040438.png









左が英語版表紙、右はフランス語。
一人暮らしの母が、夜中に息子夫婦へ電話をかける。
「家の中に虎がいる気配がする」
これもなんだか、おいおいおい、という展開になりそうな。


Fiona Mcfarlane著 Night Guest

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


[PR]
by mkbookies | 2015-10-19 04:06 | 洋書 | Comments(0)

mathias malzieu著 「Le Plus Petit Baiser jamais recensé」

Le Plus Petit Baiser jamais recensé


キスをすると消え失せる女の子の話。
姿を消した女の子を探して、男の子(といってもふたりともいい大人)が私立探偵に依頼する。
- どんな女性で?
- きれいな子だった。
- 香水とかは?
- うーん、つけてなかったと思う。こう、自然な感じで。

 b0321934_15464044.jpg







見つかるかい!?
ライトノベル、と思っていたら、作者、ミュージシャン&作詞家だった。
書いているのが楽しそう。
ノリも言葉も軽い作り。
感性で読む本。

作者のサイト:http://www.mathias-malzieu.fr/metamorphose-en-bord-de-ciel/

この人の本はたいがい耳にした歌から生まれている。

ワールドが確立した本、音楽っていうのはいろいろあるけれど、
こんなブンガクについてプライドの高い国で、ここまで爆進する世界を築ける、それも鳥に関してはバンジャマン ラコンブBenjamin Lacombe表紙が付けられる、というのはやはりマチアスの業績なのでしょうか。

鳥にもキスすると消える女の子にも、作者の紹介が一つもなかった。
けれど若い世代なら大概知っている、今をときめく歌手、作詞家、ミュージシャンだったのね。
ちなみに1974年生まれ、オリヴィア・ルイズの詩も手がけている。

今2007年に発表した「時計じかけの心臓」(直訳)が映画化され、現在公開ということでペーパーバックが出回っている。
この人の本に限ったら、読むより見るほうが楽しそう。




さて次は何を読もうかなぁ
[PR]
by mkbookies | 2014-02-18 14:05 | 洋書 | Comments(0)

「Métamorphose en bord de ciel」 Mathias Malzieu著

三年前に本屋で見て、表紙買いをしそうになった本。
中身より表紙に惚れた自分が情けなく、その時は放置。
先日図書館で見かけたので借りてきた。

小さい時から空をとぶのが夢だったトム、生まれた時からやんちゃ坊主でしょうもないことしぃ、イタズラ野郎でどうしようもワルガキとみなされていた。
病気で入院した先で、唐突に半魚人ならぬ半鳥女に出会う。
「わたしはあなたを鳥にしてあげる。
わたしと愛を交わせばいいの。
子供ができるかもしれないから、ちょっと覚悟はしといてね。」
赤い羽根が飛びかう本。
薬でトリップしたようなファンタジー。
b0321934_17445272.jpg











ちなみに感想。男は純粋、女はコワイ。

作者のサイト:http://www.mathias-malzieu.fr/metamorphose-en-bord-de-ciel/


ちなみに表紙はバンジャマン ラコンブ
当時出まわりはじめていた北欧ミステリの表紙を書いていたのだから、
表紙買いをしかけた私をケーベツしないでクダサイネ。
この人もアクの強い芸術家だ。

http://www.benjaminlacombe.com/

ちなみに映画化の時計じかけの心臓についてのブログも綺麗。
http://benjaminlacombe.hautetfort.com/archive/2009/01/26/the-boy-with-the-cuckoo-clock-heart.html

次の項目で画像検索してももううっとり。
Benjamin Lacombe La Mécanique du cœur

いいなぁアーチストって。




しかしまぁ
[PR]
by mkbookies | 2014-02-17 15:56 | 洋書 | Comments(0)