タグ:ドイツ ( 9 ) タグの人気記事

耳が聞こえなかったら何で意思表示する?

相手に何か伝えたい、そんなとき、どうする?
声が出ないとしたら。
相手の意見が聞こえないとしたら。



b0321934_08244040.png









「龍の耳を君に」丸山正樹著

どこにでもあるのだ。
「口の動きで読みとれ」、「手話は邪道」という教育法が。
そして今回はもうひとつ、「発達障害は育て方が悪い」

でも家ではそんなことを言っていられないではないか。
まずは相手と丁々発止の意志疎通が必要だ、
気持ちも言葉も、体全体で表せる、それには手話が最適だ。
ボディランゲージの複雑版。
地方ルールや家庭サインがあふれていても。
所違えば物違う、にしても。

手話通訳士の荒川は、聴覚障害の家庭に育ったたったひとりの耳が聞こえる子供。
母語の一つに手話がある。
子供の頃から通訳を務めてきた。
電話、訪問者への対応、買い物の交渉、事あるごとに委ねられ、そして、大人になってその世界に背を向けた。

けれども、経済的、という極めて大人な事情でこの世界に戻ってきたのが前作。
そして、今も続いている。
生活の糧として。
そして他の人ではできないこととして。

通訳が関わった、聞こえない人たちの犯罪や、殺人事件が描かれた、ミステリ仕立ての3編。
ミステリ、犯人当て、動機探し、とてはどこか先読みができるところがあった。心理描写とそれに裏付けられた行動、という面では納得の行きかねる展開もあった。それでも読ませるのがそこここにちりばめられた聴覚障害のエピソード。
聴覚に問題があってもまだ見えるからいいじゃん、手話なんて禁止されるから学校で流行るのよ、くらいの、傍観が、ほんの少し身近に感じられるようになる。そう思いつつ読んでいたら

「わしらの社会は狭い。同じ年頃で、同じ県内にいれば、知り合いじゃないほうが不思議だ」

これは、ムラ社会で育った身には強烈にこたえた。

誰にでも、どこか触れそうな一言、エピソードであふれている。

御託を並べるよりまずは読んでみて、と、読み終えた今は興奮冷めやらず言うしかないのであった。
発語障害かな?

他に手話家族育ちの聞こえるコが出てくる映画:フレンチで



邦題 エール。

ドイツで


邦題 ビヨンド・サイレンス

そして日本とフランスの違いを描いたドキュメンタリー、海を渡る手話の少年 17歳の夏 もあったなぁ、と思いネットを探していたら、こういうのもあった。


この映画のテーマだよね。




邦題:最強のふたり 。




「狭い常識」で通じないなら、手練手管は多い方がいい。




[PR]
by mkbookies | 2018-05-08 08:19 | | Comments(1)

塗り絵の話をしたかったのだけれど、

先日から裏で夜中に人の気配がしていた。
柿の色づく秋、ひよどりもキィキィ鳴き、夜はやっと涼しくなってきた。
奇しくも読んでいる本はホラーライター加門七海。
秋の夜長の怪談話。
変な気配がしても暗がりをのぞこうとは思えない。
ドキドキしているうちにいつの間にかやむ茂みのガサガサ。

朝物置をおそるおそるチェックして、侵入者のいないことを確かめていた。

ある夜、ひさびさに普通の本を読む。
小川洋子。
やっぱり裏でガサガサいう。
二階の窓を開けると、一本の木だけ揺れている。
風じゃないよね、一本だけって。
今読んでるの、加門七海だっけ?


懐中電灯をつける。

小ぶりの柿の木になるでっかいアライグマの頭みっつ。

最近熟れそうな実がいつの間にか消えているのはてめえらの仕業かぁぁ。
そういえばこの間から鳴き声がすると思っていた。
まさかそんなお客さんが来ていたなんて。

翌朝青い実もこみですべて収穫。
よく見ると溝に柿の種がちらかっている。雑草に紛れて柿のヘタ。
祖父の代からの柿の木は、アライグマ御用達であった。

青柿の処理を聞きに病院の母にアポなし突撃。
そのあと市の鳥獣係に電話。
バタバタした一日を送り、夜また小川洋子を開く。
アライグマの切ない声が、柿の木の下から聞こえた気がした。
その夜からお客さんは来ない。


※※※※※

話は大きく変わって塗り絵の話。
ネット上でふとさがすと、やっぱりあったイギリス塗り絵。



b0321934_05165499.png










とか、


b0321934_05164581.png











高慢と偏見等、ジェーン・オースティンの塗り絵本。


ジェーン・オースティンは著作権も切れて廉価本も電子本も山ほど出ているけれど、
こういう挿絵がどっぷり入っているなら、紙の本も売れるわな、と思ってしまう。
b0321934_05163668.png














じかに塗る勇気は私にはない。




※※※※※※※

今読んでいる本。
b0321934_05200727.png









囀(さえず)る魚 アンドレアス セシェ
もちろんジャケ買い。

ドイツ語なので蝸牛の歩み。


こいつは、表紙をトレースして、塗ろうかとも考える。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村



[PR]
by mkbookies | 2016-10-07 05:50 | 洋書 | Comments(0)

そろそろ年貢の納め時 : 横文字

不意に暇ができたので何をしよう、献立帖も読んだし、本編、みをつくしでも、と考えつつもネットをしてしまう。
明日できることは今日やる、基本的にそのスタンスでできるようになったは、ネット一つでも不意に不通になるフレンチライフの賜物。
しかし、それでもいまだに、実際に手を付けるまで他の事に気を散らしてしまう傾向にある。

という訳で、ネットを見ていた。
書評サイト、本が好きで見かけた「囀(さえず)る魚」、著者アンドレ・セッシェ、苗字にアクセントが付いている。原書、フランス語? 検索してみると、
b0321934_11562791.png










なにこれ、
この、この、向こうに生えてる二本の長いのは、もしかして、もしかして。

(Andreas SECHE “大文字のEの上にアクセント記号”、Zwitschernde Fische)

オリジナルがドイツ語の本だった。

ドイツ語が読めるようになりたい!!!



言葉読めなくても、表紙だけなら今の時代、ネットで眺めていればいいんだけどさ、
どうしても手元に欲しいなら、買えばいいじゃん、ちゃんと払って。
今画面の前でいろんな思いが頭の中をぐるぐる回っている。

日本語の書評によると、どうもこれは本フェチのための本らしい。
いいえ私はウサギフェチ。

え、え、え、
どうしよう。
ドイツ語、いつかやろうと思ってたんだけど。
明日できることは今日やるけれど、いつかやろうと思っていたことは全く範疇になかったよ。

とりあえずKindleで原書のサンプルをダウンロード。
いったい誰が読むんでしょう。

ど、ど、ど、ドイツ語だ~。



日本語版はこれ。

b0321934_12111990.png













囀(さえず)る魚 アンドレアス セシェ
図書館で借りようかと検索したら、2冊あるけど予約が16件。
ど、ど、ど、どぉしよう。

公式サイトらしきものはこちら



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村



[PR]
by mkbookies | 2016-09-14 12:16 | 洋書 | Comments(0)

グラン ブタペスト ホテル


b0321934_14342028.png








映画館にかかっていた「建物」のポスター。ただの大きな建物なのだが、明らかに「変」なオーラがただよっていた。
結局DVDで見たが、
やっぱり変。
山の中にある大きな、由緒ありげなホテル。
ひとりの顧客が、唐突に隣の部屋の住人と話をはじめる。
このホテルの経営者だと名乗る男は、最初はしがないドアボーイだった。
学歴もなければパスポートもない外国人の男の子。
いかにしてホテル王となったのか。
男はゼロから話しはじめた。

淡々としたペース。
派手さもアクションも暴力もない。
いや、全てあるのだけれど、語り口(撮り口)がまったく予想外。
目が離せない。
続きが気になる。
人物がどれも強烈なインパクトをもっている。
モブですら個性的。
こういう映画の製作者っていったいどういう人なんだろう。

あらためて調べたら、有名な監督、ウェス・アンダーソンの作品だった。
先日テレビでちらりと見はじめて、何度か中座を試みながら、結局最後まで目を離せなかった、ムーンライトキングダムもこの人の作品だった。
b0321934_14481274.png






 b0321934_14484222.png









二年前に一度見ただけなのに、筋まで言える不思議な映画。
でも口では不思議さは伝えられない。
監督がいいのか、脚本のおかげなのか。
ウェス・アンダーソン氏は両方を兼ねている。
脳の中の、普段使っていない神経を、妙に覚醒させた映画だった。


映画と言えばつい最近見たものが、
b0321934_14572371.png 

 







「怪盗グルーの月泥棒」。

&続編、




b0321934_14571474.png





(ロシア語版のようなジャケが妙に合っていたので、ここではこの画像を拝借)

「子供向け」アニメでストーリーはいとも簡単。
性格の悪い大盗賊は、黄色いちまちましたのを手先としている。
黄色いちまちましたのは大盗賊の館の地下で、群れをなして暮らす。
地下がまた、アニメの醍醐味というのか、アトラクション会場のように、豪勢な造り。
そんな屋敷に身寄りのない施設ぐらしの女の子たちがクッキーを売りに来た。

ちまちましたのが大量に走り回って、女の子三人が好きなことしゃべり散らして、単純な悪党も、目的のためには力づくで突き進む。
展開も、え、そんなので解決するの~、と言いつつ笑える映画。
勢いだけでなんにも考えずに、ラストまで元気に笑わせてもらったアニメ。

ちょうど今、第三弾が映画館にかかっている。
「ミニオンズ: ミニオンが出会った悪党は、グルーが最初ではなかった」


そんなポスターを見ていると、ウチの13才が唐突に、
「ミニオンって、英語で子分、ていう意味なんだよ」
え、今の今までミニヨン(可愛い、のフランス語)からの言葉遊びだと思っていたよ。

度肝を抜かれた私の不意をつき、うちのローティーンたちは小遣いをせびった。
そしてそれぞれにツレを誘って、さっさと映画館へと身に行ってしまった。
どうもわたしは、ひとりで子供用の映画を見に行く羽目になりそうだ。

b0321934_14570425.png








クラシック版で見るか3Dバージョンで見るか、今真剣に悩んでいる。





にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


[PR]
by mkbookies | 2015-07-25 15:22 | DVD 映画 | Comments(0)

ジェフリー・ラッシュ

「英国王のスピーチ」を見てから、ジェフリー・ラッシュの出演するDVDをを探していた。

- Book thief やさしい本泥棒
 
b0321934_17450375.png










これの映画化版。
里親先のお父さん役。
本を読んだ時には愚鈍にして実直な父親をイメージしていたが、ジェフリー氏だと鋭才にして実直、という感じがしないでもない。
でもいいお父さん、でいい話。

 内容は赤狩りで逃亡する親から里子に出された女の子、リゼール。いっしょに生活するはずだった弟は道中、死神が連れて行ってしまった。
駅で埋葬された時、リゼールが葬儀人の落とした本を拾う。埋葬の手引。これがリゼールにとってのはじめての本となる。
- これは子どもの読む本じゃないだろう。
里親のおとうさんはそういいながらも、リゼールとともに、一言一言、ゆっくり読みすすめていく。
 
 二冊目の本は ナチスの焚書の焼け残り。

そして次は、里親の指示で洗濯物を届けに行った先のお屋敷で、夫人が書斎へと通してくれた。
ここにきて読めばいいわ。

夫人がいるときは好きなだけ本が読めた。
けれど、あの人に読ませてあげたい。

うちの地下に隠れている、あのユダヤ人の男の人に。


第二次世界大戦のドイツでの話。




それからもう一作、
- La migliore offerta 鑑定士と顔のない依頼人

これは名鑑定士が、家の財産の鑑定を頼まれ、いつしか姿を見せない依頼人から離れられなくなっていく話。

b0321934_17451335.png







感想:
どちらも見応えのある映画。

ジェフリー・ラッシュが幸せになる映画が見たい。


[PR]
by mkbookies | 2015-02-23 14:07 | DVD 映画 | Comments(0)

ビヨンド サイレンス

b0321934_14223435.png静けさを越えて、静寂を越えて。原題、Jenseits der Stille。
1996年のドイツ映画。

耳が聞こえない両親を持つ小学生。
日常の会話は手話。
聴力があるので親の通訳を務め、銀行との金策にも学校での呼びだしにも、彼女の仲介は欠かせない。
宿題をしないと先生が言っても、この通訳さんは都合のいいように話の辻褄をあわせようとする。

気むずかしい父は実の家族との確執があり、できるだけ交流を避けようとする。
それでもクラリネット奏者の伯母(父の姉)が少女に音楽を教えようとし、父の意に反して娘は音楽の路を歩んでいく。

 才能を買って公立学校で音楽教師をつけてくれようとするあたりが個人的には羨ましい。
英国労働階級をえがいたバレーの映画、ビリー・エリオットも先生が見込んでくれたっけ。

 と、娘はクラリネットとともに成長し、音大(コンセルバトワール)受験の準備に一夏をベルリンの伯母の家ですごす。伯母の家庭のいざこざにまきこまれながらも、耳が聞こえて当たり前の環境で生活をする。
それも大きな街だ。目につくモノがなんでも面白い。
そんな中、ふと町で手話で会話する親子(?)を目にする。
ついついその後を追い、聾学校での出会いとつながりる。


家族のつながり、やりたいこと。
いろんなことがつまった映画。

※※※※※

手話は『フォー・ウェディング』(Four Weddings and a Funeralでもあった。
日本でもときどき見かけたのだけれど、そういえばこちらではあまりみない。TVで時々手話通訳がついているくらい。
フランスは「手話ができると唇を見て読み取る努力をしなくなり、健常者との交流ができなくなる」とのことで、長い間禁止になっていたそうだ。
あの止めどもない早口を見て読み取るなんて、一体誰ができるんだろう。


[PR]
by mkbookies | 2015-02-02 15:07 | DVD 映画 | Comments(0)

幸せのレシピ

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。ありがたい限りです。
平成27年、2015年が古今東西ずずずいっと よい年となりますように。


マンマ・ミーアのおかげでABBAが頭のなかを駆け巡る中、新年をむかえた。
ちょっと気を抜くとダンシングクイーンが脳内再生される。
これではまずいと、とっておきのDVDを出す。

マーサの幸せのレシピ。
2001年ドイツ映画。

映画館での公開を見のがし、ずっとひっかかっていた映画。
あらためて探すとフランス版は入手困難。ドイツからのお取り寄せ。
この国では何事も、旬を外すとこういう目に遭う。

あらすじは、リメイクの2007年版で有名になったので、あらためて書く必要もないが、
完璧主義の雇われシェフがヒロイン。供する料理も完璧なことを信じて疑わない。
一人暮らしで仕事三昧、プライベートといえばセラピーに通う程度。
とつぜん姪っ子を迎えることになり、レストランとしては急遽シェフを手配する破目に。
で、アメリカバージョンで急遽手配したのが右。


b0321934_15181170.png










オリジナルでは
b0321934_15180158.png








「代理料理人」のキャスティングの段階で、オリジナル版はイタリア人にこだわった。
ドイツ在で現地調達をしようとしたが見つからず、
結局イタリアまで出向いた。めでたく採用となったのがセルジオ・カステリット。

かといって大俳優をすんなりゲットできたわけではなかった。
イタリア側からの第一返答が「セルジオ・カステリットはスケジュールがいっぱいです」
それでもドイツは脚本を送る。
その後受けた返答が「SI」。
イエス。
ドイツ語はできるか?「ノ」
(ノー)



それでも実現した映画がある。



そういえばマンマ・ミア-でのパパ№2,スエーデン人のボート持ち、彼がエージェントから受けた打診も一難あった。
エージェントの質問は、「歌、歌える?」
ビルの返答、「ノー」
「マンマ・ミ-ア映画版へのオファーなんだけど」
ビル 「歌う、歌える、映画ならば空でも飛べる!!!」



休話閑題。
幸せのレシピ。
 
オリジナルもリメークもストーリーの始まりはほぼ同じ。
オリジナル・バージョンのポイントは


“イタリア人には気をつけろ”

あえて言えば、アメリカ版はお国柄が薄れている。

ドイツ人気質のお固い女性と、マンマ、マフィアのイタリアン。
柔らかい気質もあるんだよ。
コドモは大人の小さいバージョンなのさ、な西欧。
どちらが好きかは、観客次第。
個人的にはこのイタリアンが食べたい。
(映画に出てくる料理の話)


休話閑題、それはさておきマーサの幸せのレシピとアメリカ版幸せのレシピ、
リメイクをあらためて作る必要があったのかと思う一方、
派手な広報も悪くはないかと思えた映画だった。
多くの人に見てもらえれば嬉しい話。







ここまで書いて締めようとし時、家人がコンピュターを覗きこんだ。
アメリカ版のDVDを一目見て、


「ラタトゥイユやん」
b0321934_15173926.png











ディズニーアニメ、「レミーのおいしいレストラン」。


ジャッケットだけはリメイク版と似ているかも。

どれが好きかはあなた次第。

A Happy New Year!


[PR]
by mkbookies | 2015-01-01 17:32 | DVD 映画 | Comments(0)

乱読雑読読みかけ中

バスの中: 本泥棒(オーストラリア)
寝る前:  Manoir2(フランス児童書)
一番メインの余暇の時間:
b0321934_17021068.jpg















節操が無いったらありゃしない。
それもドイツ語、紙辞書をいちいち引いての読みかた。
一日一段落が目標。
でも不思議と軽く1ページ進める本。

閑散期の工事現場で、移民労働者は解雇通知を渡される。
-中国人とトルコ人を切ります。
-中国人なんていないじゃないですか。
-だから言ってるんだよ。
そんな状況の元で仲間とひそひそ話をしていると、責任者が口を挟んできた。
-何の話をしているんだ。マって聞こえたぞ。
-マ-。。。
-マー
-マァ
-マーダー(殺人)か
-そうそう、マーダー、マーダー。
話題をつないで首をつなごう。主人公は一生懸命でっち上げの話をはじめた。
-容疑者になっちゃって。 

[PR]
by mkbookies | 2014-03-05 14:40 | 洋書 | Comments(0)

千夜一夜物語る

今頭をちらついている本。
ドイツ千夜一夜物語る  「1001 Nachtschichten」 - Osman Engin著
仕事の閑散期、移民労働者が、首をつなぐために連日物語を語る本らしい。
b0321934_17021068.jpg
口八丁手八丁の技のないわたしには、アラビアンナイトで王様を魅惑したシェイラザートの技量もなければ、
こういう雇用者をおだてる手立ても知らない。

話す内容はソープオペラ、子供だましのマンガの続く、のようでどうも展開に無理があるらしいが
ドイツ移民、今どきのドイツ事情、ドイツ人気質が拝啓にあり、どこをとってもわたしの知らない世界。

問題は、ドイツ語本しか出ていないこと。

ドイツ語もわたしの知らない世界だよ。

辞書込みでKindleデビューも考えたけれど、とりあえず今は心の棚においてある本。

どなたか翻訳しませんか~。


[PR]
by mkbookies | 2014-02-23 17:14 | 洋書 | Comments(0)