タグ:オーストラリア ( 5 ) タグの人気記事

2015 Myベスト


しみじみ編:

病身で家にこもっていた時の、かたつむり観察記。
前半はかたつむりの徘徊の跡を追って家を探索し、さまざまな思いを巡らせる。
元気になるにつれ、ジャーナリストの職業意識か、かたつむりについて調べはじめた。
うちのかたつむりは一体何種? 
これも一種の闘病記。

「カタツムリが食べる音」 エリザベス・トーヴァ・ベイリー(Elisabeth Tova Bailey)著
(原題:Sound of a Wild Snail Eating  )
b0321934_05131181.png












波瀾万丈うそばっかり、歴史冒険物語編: ウンベルト・エーコ 「プラハの墓地」
フリーメイソン、イタリア独立戦争、歴史のことがちょいとわかった気になれる。
うその中にほんとを探せ。(←これは谷川俊太郎)

b0321934_05270971.png










次に笑える編:

毎年笑えると言えばアメリ・ノートン。
「Le crime du Comte Neville」 直訳:「ヌビル伯爵の犯罪」
ベルギーの古城の保持が大変、
手放すと決めた伯爵が、最後にガーデンパーティを催す。パーティ開催の前に、おせっかいな預言者が不吉な言葉を口にした。
- パーティであなたは招待客を殺すだろう。
頭を抱える伯爵に、ティーンの娘が言いだした。
- それなら私を殺してよ。

解決法は何もかもが、破天荒。


b0321934_01340906.png










もっと笑えた編:

ワイフ・プロジェクト。:Graeme SIMSION著。

アスペルガーの入っているだろう遺伝子専門家の恋物語。本人は至って真面目だし、悪い人じゃないんだけどね。
とっても幸せになってほしい男です。



b0321934_14052774.png











そしてまじめ編:

原題Le Miel(直訳:はちみつ)Slobodan DESPOT著

幻想と第六感から始まって、偶然は様々な奇跡を呼ぶ。
過酷な現実に、努力で立ち向かう息子と、運と勘で生きる父。

民族戦争について、こんなにまじめに読んだのは初めてだった。


b0321934_07001412.png











最後に、終わりよければ全て良し編:DVD:
「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」
b0321934_20430958.png 














タイムトラベラーの資質を優性遺伝した青年の話。

やっぱりラストは笑顔で締めたいもの。

2016年が、みなさまにとって良い年となりますように。




にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

[PR]
by mkbookies | 2015-12-31 16:28 | 洋書 | Comments(0)

ロージー・プロジェクト


- そろそろ奥さんをもらったら。
友人の言葉に計画を立てはじめた30代の大学教授ダン、遺伝子学を専門としている。
何事も論理的、合理的、効率的。チェック事項を作成し、点数の高い女性を伴侶とすればいい。配偶者プロジェクトのもと、チェックリストを用意して、出会いの場所に積極的に参加していく。
この女性はアルコールが。タバコ、髪染。理想の女性はなかなか見つからず、試行錯誤している中、研究室に若い女の子が現れた。
紹介者はプロジェクトを知る教授の名前。
20代は対象外だが、友人からの紹介ならばと夕食に招待した。
超高級のレストラン。
しかし女の子の目的は「遺伝子学の先生に頼む、母子家庭の父親探し」だった。

※※※※※※
オーストラリア発、「Lost & Found」を読んだならこれは?とブクログ談話室で勧められ、手を出した一冊。
フランス版の表紙も魅力的だったし。


b0321934_14052774.png









Comment Trouver La Femme Idéale ou le Théorème du homard 著者:Graeme SIMSION
ちなみに原書は Rosie Project


b0321934_14055870.png









小難しく書いてあるけれど中身はミスター・ビーン。
惚れた腫れた。コミュニケーション度の低い、アスペルガーがかった理屈臭い先生と、小娘の、とびっきりフットワークの軽い元気なラブストーリー。

バスの中や人待ちのひだまりの下で読んだのだけれど、思わず吹き出したり、取り残される女の子に涙したり。
DNAを求めてのカクテルパーティのシーンは圧巻。
ニューヨークの場面では古くさくも松田聖子の歌、「赤いスイートピー」を思い出した。
読むうちの不器用な主人公の素に慣れてきて、この人の味を大事にして~と思ってしまう。
とびっきりのラブストーリーだった。

日本語訳は「ワイフ・プロジェクト」
ただ表紙がかなり可哀相。
こういう男はまずは周りが魅力を盛り上げてあげないと。


※※※ おまけ ※※※※※
内容はさておき、主人公は頭のなかで小難しく考えると聞き、英語じゃだめかもとフランス語で読んだ。
主人公が初めて会う人の推定年齢とIMCなるものをいちいち頭のなかで割り出していく。
IMC?
これだけは最後まで読んでもわからなかった。
あらためて調べて笑ってしまった。
ボディマス指数。肥満度、だっのね。
まったくこの男、噛めば噛むほどいい味出してくれました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

+ この本を読む元になったLost&Foundは10/19に。
b0321934_03582594.png








ああ、楽しかった。

ロージープロジェクトは映画化の話もあったが、今のところは保留と聞いた。
無茶を承知で言うならば、時空を超えて三原順氏にマンガにしてもらいたい本。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村







[PR]
by mkbookies | 2015-12-07 14:56 | 洋書 | Comments(0)

Lost & Found (80代の活躍本)

デパートで7才の女の子、ミリーはママに言われた。
「ここで待っててね」
それがママの最後の言葉だった。

すっぽかしを食っても、きちんと待っているよい娘。
そばのマネキンと友だちになったり、「すぐ戻るから」とママに伝言を残してデパートを探検したりするうちに、カールと知りあう。
87才の養老施設を脱走した男やもめ。
その後ミリーの家の向かいに住む、82才の引きこもり寡婦も加わって、
4人の珍道中がはじまるとは、一体誰に想像ができただろうか。
4人?
ミリーとカール、アガサとマネキン。
二人分のバス代だけでメルボルンを目指す。
ママはどうやらメルボルンに向かった模様。6日後にはアメリカに飛び立つという。大変大変、急がなくっちゃ。

※※※
この物語には静がない。
メインの三人がひっきりなしに何かをしでかす。
生まれてきたからには攻めの姿勢にはいらないと。
自ら動く時が来た。
そして物事が動いていく。

久々に、読み終わるのが惜しい本。
オーストラリア発、ドタバタコメディ。
でもテーマは真剣。
「あなたもいつか死ぬのよ」
人に言ってやまない7才、
それから生物永遠のテーマ、「性」。

それ以外は、奇想天外な行動で、ピンチを切り抜けていく文無し旅行ストーリー。
単語は簡単、短文の連続でテンポはよし。登場人物は息づいている。
7才が主人公でこういう文章なら、通常児童書になるだろうが、永遠のテーマを抱えているので、完全に大人向けの本。
(永遠のテーマのメイン場面では、1ページ丸々一文、ピリオドなしで書かれていた。)
それから人の好意より自分の目的重視という、モラルに欠ける破格の行動もあるので、「これは作り事なのだから、これは物語なのだから」とわかる人じゃないと、ちょいと危険。
この危なさがウケる秘訣?
オーストラリアのベストセラーだそうな。

エピソードが盛りだくさんで、脇役も個性炸裂。語るよりもまず読んでもらいたい。
しかしあまりの臨場感のため、映画のトレーラー風に一発↓


逃げろ、逃げるんだ、デパートで警察に押さえられながら叫ぶカール(87)、
墓場でマネキンを振りかざし、青少年との乱闘に加わるアガサ(82)、

あなたたち、家族じゃないんだ。とバスの女性運転手。

列車の中でマダム曰く、- 強烈に変な子ね。
ミリー(7) - わかってるわ。

ママ、私はここよ、食堂車のテーブルクロスとメニュー、ナプキンに、大々的に書くミリー。
そして彼女の口癖は
あなたもいつか死ぬんだから。

ママァ、わたし連れてくるの、忘れてるよ~。

欠点があっても、言動が一致しなくても、心と行動が正反対でも、いいじゃないか、人間だもん。

b0321934_03582594.png









Lost & Found (Brooke Davis著)
オーストラリアンブックインダストリー賞、2015年フィクション部門受賞。


公式サイトはこちら、紹介ビデオあり。女の子が語りをやっているけれど、これはスタッフの娘さんだそうな。
あとがきに記されていた。
小さいころ母に強制された「お礼状」からはじまるあとがき。
応援してくれた人、環境、大学の教授への感謝の言葉へとつながっていく。
書いては見せ、書いては見せとしている間、はじめっから最後まで褒めまくってくれたのはお父様。
教授陣にも恵まれた。
「本泥棒」の マークース ズーサック、ローラーキングもオーストラリアだったのか。
奨学金で通わせてくれた環境へも感謝。
オスカーみたいだが、と本人が言いながら、親兄弟、親戚まで羅列。
大学生の答辞のようなものかいな。
つられて最後まで読んでしまった自分がいる。

※※※※※※※

オーストラリアといえば映画でウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr.Banks)というのがあった。あの子役が生粋のオーストラリアっ子。ああいうのがオージー英語なのかなあぁ。
次のもう一冊、オーストラリア本が読みかけであるので、次はこれを読むかもしれない。
b0321934_05035480.png b0321934_05040438.png









左が英語版表紙、右はフランス語。
一人暮らしの母が、夜中に息子夫婦へ電話をかける。
「家の中に虎がいる気配がする」
これもなんだか、おいおいおい、という展開になりそうな。


Fiona Mcfarlane著 Night Guest

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


[PR]
by mkbookies | 2015-10-19 04:06 | 洋書 | Comments(0)

再度 ウォルト・ディズニーとの約束 SAVING MR BANK

前回いい忘れたこと。

アニー ローズ バックリー (Annie Rose Buckley)メアリー・ポピンズの作者の幼少時代を演じたオーストラリアンガール。

彼女を目当てに見てもよし。


メリーポピンズにまつわるビデオリンク。

https://www.youtube.com/watch?v=Nb90ZB8qsHk

公開にあたっての記者会見。
エマ・トンプソンはエマ・トンプソンで、トム・ハンクスはトム・ハンクスに見える。

そして撮影最終日のスタジオにて。



[PR]
by mkbookies | 2015-02-24 15:29 | DVD 映画 | Comments(0)

ウォルト・ディズニーとの約束 SAVING MR BANK

メリーポピンズの新しい映画があるとは聞いていたが、「ディズニー」といいうことなので見ていなかった。
くまのプーさんを変身させた業界にはあまり近寄りたくはなかったのだ。

星の王子さま(http://p.booklog.jp/book/94728/read)が火山の掃除をする場面から、煙突掃除を思い出し、煙突掃除といえばメリーポピンズだよな、と検索してみて、
あの映画がディズニーだったとをはじめて知った。
そして新しいメリー・ポピンズは、ディズニー「製作」ではないこともはじめて知った。

オーストラリアでのドキュメンタリーが発端、BBCが後押し、それでも結局最終的に必要だったのがディズニー社との交渉。
脚本や内容に大きく干渉すると思われていたが、ディズニー社は重役会議の末内容にはノータッチ。メリー・ポピンズ製作時の実際の録音や資料を提供。ディズニーランドやスタジオを中心としての撮影となった。
ウィキペディア、ウォルト・ディズニーとの約束より)



ふぅん。
根っからのディズニー、じゃないのね。
エマ・トンプソンだし。
結局ゲットし、その直後にインフルエンザもゲット。四日間ダウン。
ダウンしながらも見た。
b0321934_15425517.png









- こんなスノッブなバンク夫人は却下。この時代に働いてなかったからといってどうして裕福だといえるのよ。
- 父親は家を省みなかったって? そんな冷たい人物じゃないのよ。
- アニメはいやよ、アニメは絶対にやめてね。

 ディズニーが映画化するにあたって、原作者が脚本、設定、セット、音楽のすべてに反対の意を表明する。

- こんなアパートなわけがないじゃない。うちのドアはピンクで、窓には花が飾られてるの。

- 納得いかないものには映像権は渡さない。契約書には絶対サイン、しないからね。

- どうしてバンク氏にひげが生えてるの。ヒゲはいらない。

 頑固な著者の頑固な態度。
その土台になるのは大切にしてやまない登場人物たちへの想い、そして作者自身の思い出があった。
 

 幼少時代と映画化交渉の話が交互に進行していく。
 優しかった父親、馬を駆ったオーストラリア、オーロラ。
 父親は、子どもたちには優しい、けれどアルコールがやめられない人だった。

映像権をもらえるかどうかは著者にかかっている。
それでもスタッフは答えるしかない。
- ヒゲは、ウォルト・ディズニーの案なのです。

ウォルト・ディズニーVSメリー・ポピンズ。

どちらも譲れない線がある。
なぜなのか。

偏見にまみれて、劇場で見なかったことが悔やまれる。
ぜったいに大きな画面でみるべき映画。


[PR]
by mkbookies | 2015-02-23 15:54 | DVD 映画 | Comments(0)