<   2015年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ミツバチの巣箱を噛(は)む

ちょっとひねればこちらこちら(もしも明日があるとしたら)に使えそうなネタなのだが、マジなネタなのでこっちに書く。

青空マーケットのはちみつ屋さん、
菩提樹の蜂蜜の横に、ポプリか、鉛筆の削りカスみたいなブツが、使いきりサイズのジャムの小瓶に入っていた。
2ユーロ。200円ちょっと。
- これ何?
と聞くと、
- プロポリス。
という答えが返ってきた。お店の人の補足説明が、
- アンチセプティックだよ。
抗せぷてぃく?
せぷてぃっく、ってなんだっけ。
水回りのパイプ洗浄剤になんだかそんな言葉を見た気がする。詰まりどめ? お通じ用?
またの機会に試すかも、完全に生返事な私に、スタンドのムッシューが息せき切って説明をしはじめた。
- チューインガムみたいなものでね、アンチセプティックの民間療法だよ。ミツバチがポプラから作るんだ。ポプラって知ってるかい、河川にい生えている樹だよ。そこから蜂が運んで巣箱にくっつけて、蜂はこれで生き抜くんだよ。液体状にしたのがこっち(と、製品化した箱を指さす)この小瓶は原材料。ガムみたいにして噛めばいいんだ。
とか何とか言ったのだと思う。
- うーん、また次にね、
それでもうやむやにして立ち去ろうとすると、ムッシューはスタンドの後ろから出てきて、小瓶の蓋を開けた。中の木くずのようなものを指さし、
- 試してごらん。タダでいいよ、今回はあげる。
アンチセプティックの意味を考える隙もなくまくし立てる。
わけのわからんもんを口にしろと言われても、その場はもらって、そのままうちでこの小瓶の中身がミイラになる可能性が高い。猫に小判になりかねまい、思っていると、頭の上から声が降ってきた。
- ジンセン、高麗人参みたいなものだよ。
見上げると二人組の警察。
よからぬものの取引を決めている現場を押えた、という様子でもなく、ニコニコわらってこちらを見下ろしていた。
朝市の警ら中に通りかかったらしい。
高麗人参ねぇ。

特攻をカミカゼと呼び、落ち着くことをゼンと呼ぶこの国、フランス。ジンセンは本当に高麗人参なんだろうか、思いつつも、結局頂くことにした。

警察が言うことなら、と素直に信じ、小さな欠片を口にする。
ねちゃねちゃ。
家に帰って調べると、「アンチセプティック」は抗菌だった。

口の中って雑菌があるのが当たり前で、妙に殺菌してしまうとからだに悪いんじゃない? 考えながら噛みつづける。
時々歯の裏にぺったりとくっつく。それを剥がしてまた噛んで、くっついたらまた剥がす。

ウィキで調べると「抗菌・抗ウイルス・抗炎症・抗腫瘍作用等」ではじまり、さまざまな「抗」が列挙されていた。他にも免疫力調整、鎮痛効果、腸もスッキリ、気分もスッキリ。食欲増進、局部麻酔と盛りだくさん。(http://ja.wikipedia.org/wiki/プロポリス)。

体調の良い私にとっては、どういう効果が現れるのだろう。これを食べ続けるとミツバチみたいに飛べたりして。妄想がぶっ飛びかけた時、蜂つながりでふと思い出した。
「クマバチは自分が飛べないことを知らない」

クマバチの体は航空力学上、どう分析しても絶対に飛べない。
けれどクマバチは飛んでいる。
それは一重に、自分が飛べないことを知らないだけだからである。

口の中が妙にスッキリしている。
外も晴天、日当り良好。
私は今日から、一体何をはじめてみようか。



[PR]
by mkbookies | 2015-05-23 21:23 | つれづれ | Comments(0)

Miss月&Mr太陽

3月、4月は月と太陽が出会う季節。
太陽がセレナーデをかなで、月もまんざらではない素振り。
ほどなく仲むつまじいカップルが誕生し、子供も誕生。
共働きのすれ違い家庭、子供の世話より夫婦の時間が必要です。
よって養育係を採用する。
一矢を得たのは月に忠実な犬。
子供は路上で寝っ転がることや、ゴミ箱をかぐこと、物を取ってくること、外で正しい要のたし方などを次々と吸収し。



ジャン・コクトー著 「おかしな家族」。
出版社が「二冊買った人にはおまけで贈呈」として1948年に配った代物。
1993年に復活して、1994年に日本で翻訳もでている。
以前本屋で見かけたのだが、値段の表示がなく、店員さんも忙しそうだったのでその時は買わなかった。
バーゲン時のおまけ本として先日うちにやってきた。
フランス、太っ腹だ。
あって当たり前の本なのかもしれない。

シンプルでお手軽で、
子供にはもったいないほどきれいな造り。
でも、子供の本音は、最後に収縮されているかも。
子育てに一段落した「親」なら、落ち着いて笑って読めることかと。


Jean Cocteau DRÔLE DE MENAGE で画像検索すると、雰囲気が把握できます。
b0321934_15101316.png










[PR]
by mkbookies | 2015-05-19 15:11 | 洋書 | Comments(0)

携帯

携帯もっていると、GPSをつけられているような気がする時がある。
家に置いてくると開放感ひとしお。

お手軽プチ蒸発。

[PR]
by mkbookies | 2015-05-17 05:56 | つれづれ | Comments(0)

1ユーロからのiPhone

売上があんまり延びないもので、iPhoneが1ユーロで売りに出されているという話を聞いた。
1ユーロとは¥100ちょい。
月契約とか二年解約できずにいくら払えとか、オプションとかいろんな条件がつくんじゃないの。
確認しても風の噂は「なんにもいらない」の一点張り、だった。
噂を信じる人は。誰もが口をそろえて断言した。
「大丈夫だよ、ネットで見てごらん。こんなの今の常識だよ」

そして数週間。
「1ユーロでは収まらない」説がちらほらあがるようになってきた。
「高額虚偽セールス」 フィガロエコノミー  、
「iPhone詐欺」 France Info
「iPhone 6, iMac, Galaxy S6」 週刊ル・トリビュナル
(どれも仏語)
ギャラクシー、お前もか。


内容は「もっともらしいサイト(たとえば大手週刊紙、ル・トリビュナル)のコピペからはじまり」
 「1ユーロ広告サイトから詳細、契約と読みすすめていくうちに、綴りも文法もあやしくなってくる」
「翌月から様々な使用料が発生して口座から50から90€前後が引き落とされる」
「実際の1ユーロ優遇はごくほんの一握り。十分な注意を払って詳細をきちんと確認してください」
等々。

要は、「おいしい話に乗る前に、各自できちんと確認して下さい」



これから数週間たった頃には、いったい何が「常識」になっているのだろうか。










にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


[PR]
by mkbookies | 2015-05-15 07:20 | つれづれ | Comments(0)

No.0

買わない、買わないと思いつつ本屋に入る。
買わないなら入らないでくれと言うのが店の本音かも知れない。
そう思いつつも入店してしまう。

“大型、ハードカバーは高くて場所をとる。本はやっぱりポケット版だよね”
買わないで見るだけなら画集を見ようがハードカバー全三巻を見ようが同じことなのだけれど、小心者なのでポケット版のコーナーへ。


シャルロット・リンクの双子の話、ジェーンオースティンの姪っ子への手紙、ベストセラー作家の新作、定番ミステリ、
そそられる本はいくつもある。
シャルロット・リンクに関しては、“ミステリは今読んでいるエーコのフーコの振り子を読み終わってから”
ジェーンオースティンの姪っ子への手紙は“なんでフランス語版で読まんといかんねん”
ベストセラー作家の新刊に関しては、“図書館で借りよう”
定番ミステリも“図書館、図書館”
目につくごとに言い訳を心のなかであげていく。

今読んでいのは先日ブログに書いた「ロングボーン」と「フーコーの振り子」
「ロングボーン」はともかく、「振り子」は何年かかることか。
“ホントに本屋に何しに来たんだ”
思いつつ気合を入れて店を出ようとすると、
b0321934_04094183.png







ウンベルト・エーコの新作。№0。

大型本。

訳本が出るのは11月頃だと思っていた。
何語? まさかフランスの本屋にイタリア語で?
半信半疑で開いてみる。
中身はフランス語。ひっくり返すと解説もフランス語。下にはハードカバーな値段が明記。

手にとったが最後。

本屋で今日も負け戦。

※※※

6月、朝目を覚ますと水が出なくなっていた。
断水かとおもいきや同じアパートの住人は何の不自由もしていない。
「元栓を閉めたんじゃないんですか」隣人は言うが元栓なんてどこにあるのかもわからない。
 「ほーら締めてあるでしょう」隣人が教えてくれた配管の、コックをひねると水が出た。
昨日の夜は水道を使った覚えがある。一人暮らしでどうしてこんなことになったんだろう。
けれどそういえば昨日の夜、蛇口から水滴がこぼれる音がしなかったような。
どうして水道は止まったんだろう。
誰かがうちを探りに来た?
コンピュータのデータを見に来たのか?
40年前のあの忌まわしい事件が頭に蘇ってくる。
あのデータが必要なのか。
あの件だったら、今でもはっきり覚えている。

主人公は仕事先に出版社を渡り歩いている。百科事典の編集もしたし、ドイツ語訳の仕事もした。
子供の頃からドイツ語に触れて育ったおかげで、何の苦労もなくプロレベルの仕事をこなすことが出来た。
手書きの文章を読む仕事もあった。
寝っころがってもできるような、読むだけで出版社は感謝してくれる。なんておいしい仕事だったことか。
けれども結局は語学力が災いして大学を卒業することができなかった。
厄介な事件に巻き込まれる破目にも陥った。
はじまりはゴーストライターの仕事を依頼されたことだった。

ー 君の文才に目をつけていたんだ。
言われて礼を言う主人公に、依頼主はつけくわえる。
ー その文才に誰も気づいていないけれど。
一言多い注文主からのご依頼は、“月刊誌の出版裏話回想録”
出版されることのなかった月刊誌について、編集会議等の12ヶ月分。
進行方向は依頼人が決める。
謝礼は多し。現金払い。
真意は政治、経済界への顔つなぎ?
いや、出版差し止めのために、大金を払ってもらうことが目的かもしれない。
一言で言えば、ゆすり?
そのためには実際に編集者、記者を雇って、打ち合わせを進める。
雑誌のタイトルは「明日」

そして仲間のひとりが殺された。

               ウンベルト・エーコ著「Numero zero」
※※※

まだ読みはじめたばかり。
「プラハの墓地」や「フーコーの振り子」とは違って、歴史的事実や秘密結社、小難しいい観念は今のところ出てこない。
量もいつもの3分の1くらいだし、今回はちょっと軽快な気配。
それでも史実にまつわる、血なまぐさい事件が、やっぱりどこからか湧いてきそう。


[PR]
by mkbookies | 2015-05-15 05:09 | 洋書 | Comments(0)

ロングボーン (高慢と偏見 二次創作)

ジョー・ベーカー著のロングボーンを結局読みつづけている。
高慢と偏見の5人姉妹の家、ベネット家の侍女を中心として、縁の下の力持ちから見たベネット家。
舗装されていない道は雨が降ると泥だらけ。そこで汚した服を洗うのも、掃除をするのも湯を沸かすのもすべて逐一裏方の仕事。
地味に働く日々のうちにビングリー家から使いが来たり、コリン氏が来訪したりして娘たちはいちいちきゃぁきゃぁ大騒ぎ。
ー 新しいドレスが要るわ。娘5人に一気に新調しなくては。ベネット氏に話をつけてちょうだい。
 メイド頭のヒルに頼みこむベネット夫人。
 年頃の娘が5人もいると話はなんだか華やかだ。
 それを笑って楽しんでいるほど、ひまがあったら楽しかろうが、下働きは大変だ。

そういう風に話の流れは基本的に原作にそっている。知った内容なら読み飛ばしても話はわかるとおもいきや、裏方は町で処刑にでくわしたり、ニワトリがキツネにおそわれたりと、裏方はいろんなことで忙しいのだ。

イギリスかアイルランドあたりの作者の書いたこの一冊、フランス語やオランダ語、スペイン語でも出ている模様。
なんだか手堅く読ませてくれる。

b0321934_04332073.png











Jo Baker著  LONGBOURN

[PR]
by mkbookies | 2015-05-13 04:35 | 洋書 | Comments(0)

携帯着信音とtkt

「テレビ」は女性名詞だが、「電話」も「携帯」も男性名詞。
それに応じて冠詞が決まり、そこから細かい音が変わってくる、こともある。
しゃべるときは勢いでごまかすが、フレンチメールは厄介だ。
それもときどきラテン語を混ぜて返してくる輩がいる。
辞書機能を活用しながらYoutubeを聞いていると突然、



Nokia ringtone during concert of classical music

もう周知のネタらしいが、気に入ったので貼ってしまう。

携帯の出はじめの頃、着信音はこれが際立って目立っていた。

この着信、映画、ラブ・アクチュアリーでいやほど流れた着信音。他にもいろんなドラマで使われているらしい。
コンサートVS携帯はもうクラシックな戦いになってしまったが





Nokia Tune for ensemble

ここまでされると携帯クンも、返す言葉がなかろうに。



原曲がフランシスコ・タレガ、これもまさしくクラシックだったのね。







フランシスコ・タレガの大ワルツ


ここまで書いた時、うちの高校生からショートメッセージが入る。
ー 今から帰る。tkt
tkt?
フレンチ顔文字、:)の一種?
携帯用語は携帯世代、コンピュータの息抜きがてら、隣でゲームをやっている中坊に聞くことにする。
教えてよ、と呼びかけても中坊は、ゲームに夢中で返事をしない。
- 知らないの~
挑発しながら鼻先にメッセージをつきつける。
四角い画面にはすぐに反応する。

- ヌパ、心配しないでってことじゃん、そんなのも知らないの。

フランス語の携帯用語はラテン語以上に難関だ。

[PR]
by mkbookies | 2015-05-09 15:02 | つれづれ | Comments(0)

高慢と偏見を元に

読まない、使わない。けれどつい手を出してしまうものに料理の本、というのがある。
ユダヤ系料理、クレオール、ニューヨークまで料理集となればうっとりと写真を眺めてしまう。
ラルースの料理大全になると寝るときも離せなくて枕にしてしまうほど。

そして先日、高慢と偏見の二次作品第三弾を選んだ。Lonfburn。(高慢と偏見の5人姉妹の実家がある町の名前)
b0321934_04131426.png









(どれも同じ本、右はフランス語訳)
ベネット家を支えた使用人の話。
侍女視線で「本作では手紙をわたすだけの男」や「メイド頭のヒル」その夫などが登場。
これにでてくる使用人の食事がとってもおいしそうなのだ。
シンプルに素材をあわせて口に入れるだけなのに、ここはフランスかいと言いたくなるほど豪華に見える。
そういう軽いノリで選んだので、食事の場面以外となると途端に読むテンションが下がる。
登場人物たちはとっても真剣に労働に励んでいる。
朝の4時に起きて水を汲んだり、掃除をしたり、
エリザベスが泥まみれにしたペチコートを、いい加減にしてくれと思いつつもせっせと洗ったりするのが日常。
ウンベルト・エーコのフーコの振り子を読みながら、この労働風景を読むのはちょっと真面目すぎ。
ロングボーンで働く人が悪いわけではない。
ただ単に読む側の気分の問題。


結局この本は一時保留として、「高慢と偏見、そして殺人」(P・D・ジェイムズ著)を読みはじめた。


b0321934_04215279.png










お館様がやっとご成婚。
エリザベス奥様の才女ぶりが知れ渡るのに、たいした時間はかからなかった。
まもなく屋敷でパーティが開かれる。使用人を指図しながらエリザベスは考える。
実家で働いてくれる人たちは家族同様だったけれど、ここはもっとビジネスライク。
代々の使用人を抱える大きな屋敷。規模が違うから仕方ないか。

まだほんの読みはじめ。
それでもさすがにイギリスのミステリ本格派、P・D ジェームズが書いた二次作品。
学芸会だったような乙女チック表紙の前二冊とは、なんだかもう気迫が違う。
けれど何だか華々しいし、ベネット氏やあのおかーちゃんと、久しぶりに会えるような予感がしてなんだかわくわくしながら読める。
ひさしぶりに、ミステリィも読みたかったし。

高慢と偏見といえば、白黒映画を観る機会があった。
ローレンス・オリヴィエの1940年の映画。
b0321934_04392747.png









(DVDのカバーだけカラー)

ベルサイユのばらのようなふくらんだ衣装で娘たちはしゃらしゃらと更新する。
本当は時代錯誤はなはだしいらしい。
けれど映画だから華やかに、とこうなったのか。
おの素っ頓狂なお母様、白黒の方はごく普通かとおもいきや、町からの帰りに馬車で競争させる意気込み。
どういうふうに撮っても、あの性格は固定値なのだろう。

白黒のメアリーはBBC版と違ってごく普通の、笑顔の可愛い女の子。
出会った殿方と二重奏を披露したりして。
正直、主役のふたりはありきたりすぎて、メアリーのほうが魅力的だった気がする。
BBCであれほど仏頂面だったから、笑顔が一層ひきたったのかもしれない。


[PR]
by mkbookies | 2015-05-08 04:54 | 洋書 | Comments(0)

近所のパン屋

以前小さな町に住んでいた時、いつも同じ店のパンを食べる状況に置かれたことがある。
いつも同じ「フランスパン」だったせいか、半年もすると口が拒否して開かなくなった。

身をもって知って以来、店や畑はなるべく多岐にわたるように気をつけている。
パン屋もしかり。
近所のパン屋は日常使い。時間があるときにはちょっと足を伸ばして買いに行く。
そして5月ついたちがやってきた。
メーデーはこっちでは徹底的に働かない日。
パン屋も軒並み休み。

こんな日に、パン屋を探して街をさまよっても悲しいだけ、と近くのガソリンスタンドへ。
最終手段の小規模コンビニ。
雑誌もおでんもないけれど、ワインとチーズは並んでいる。
そして、店の裏にはパン焼き窯(業務用巨大オーブン)が。

さすがパン食いの国。
パンを焼く香りをただようにまかせ、客を匂いで釣っていた。




[PR]
by mkbookies | 2015-05-03 15:05 | アルザス | Comments(0)

「もしも明日が」、更新しました

更新分を上に持ってくる辺りがブログの名残。

もしも明日があるとしたら

試行錯誤の真っ最中。


本の方は高慢と偏見の二次創作本、先日の「表紙がきれいな本」の二冊目を読んでいる最中。
こちらはエリザベスがMr ダーシーのプロポーズを断った後、事情がかわって離れ離れになってしまった物語。
(ダーシーにとってはふられた後彼女は姿を消してしまった、というパターン。リディアは母と同居中)
もしもあの時、あの曲がり角を左に曲がっていたら、式でこいつはちょいと面白い、と思っていたけれどだんだんベタになってきた。
才色兼備、ピアノもできれば歌も歌える。語学にも文学にも通じ、機転が利くエリザベス。
Mr ダーシーもその妹のジョージアナも、いとこのいいオトコも、みんなエリザベスを取り巻いていく。
ただの家庭教師のくせに。
それが雇い主にはうっとおしく、貶めるためにあの手この手。
(この時代は働いているというだけでいやしく見られる。あんたたち誰のおかげで毎日暮らしていけるんだい)
針のむしろに座る日々、運良くエリザベスの末の妹が醜態を晒してくれた。
今すぐ家族のもとに戻らないと!
そしてエリザベスはふたたびダーシーの元から姿を消す。
あとに残るはかわいい生徒と、それから周りが騒ぎ立てるあの手この手の醜聞が。

結末はきっとハッピーエンド(ロマンス本だし)。
そう思うと足を引っ張る雇い主が、あからさまに猿芝居の役回り。
追い払ったエリザベスにMr ダーシーついていっちゃうし。
そしてヒロインは、どんな目にあっても相手を悪し様にしない。
このけなげさは長女の気質であってこの癇症なエリザベスには向かないと思うのですが。
まぁそこはファンが書いた二次創作ということで。
なにはともあれみんながみんなハッピーエンドの本だった。

 
b0321934_04562585.png








表紙はこれの左で、原題が“Only Mr Darcy will do”
原題はもろロマンス本の表紙なのだけれど、
フランス圏に入るとロォマンチックにお色直し。

そして併読本。
ウンベルト・エーコのフーコの振り子に手をだしてしまった。
これはまじに二年計画かも。
エーコの文章はあらすじ云々ではなく、文章自体で酔わせてくれる。

[PR]
by mkbookies | 2015-05-02 16:14 | つれづれ | Comments(0)