寺嫁さんのおもてなし(1〜3) 華藤えれな

なんか人少ないと思ってはいた。

駅に来るまで気がつかず。


なんだかハマって、寺嫁さんのおもてなしを読んでいる。

華藤えれな。

ラノベかと思ったら、ちょっとファンタジ。

仏教物のラノベかもしれん、思いつつ他の著書をチェックしたら、あ、BL畑の方だったのね。

そういえば一巻の男同士の痴話喧嘩、いやに盛り上がってたわ。


しかし全編は至って真面目。

寺で同居する可愛い女の子(18)と容姿端麗お坊さん(髪あり)のラブコメ。

仏教の話少々。

人の恨み、思い残しをニュートラルな感情に浄化させるんだけど、その辺の突っ込みはなしにしよう。

今流行りの食べ物小説、ボロカフェを立て直し、廃寺みたいなのを綺麗にして行く話。

こういうコンセプトは好きで3巻一気読み。


次はもちょっと堅い本を読んでみるか、思えるほど甘々なストーリー。

心の癒しになりました。


どの辺が?

具体的にはおいおい書き足します。

そろそろ電車を降りないと。

久々に朝、座れたわ。


[PR]
by mkbookies | 2018-10-08 06:57 | | Comments(0)
耳が聞こえなかったら何で意思表... >>