バーナード嬢曰く 1~3

言わずと知れた施川ユウキ著、読書マンガ。

先日朝から病院に付き添いとして出かけた。
その時この三冊をカバンに放りこんだ。
読んではとまり、読んでは止まりしていたマンガ。
短編形式なので、途中で止めてもなんの問題もないのだし、そもそも私がこの本を読まなくっても、世界は何一つ変わらないのだ。

が、気になっていたので持って行った。
待合室でこの本しかなければ、何が何でも読むだろう。
そしてこの本は読了としてケリをつける。
そして何の迷いもなく次の本に進める。

片づけ半分の気持ちで持って行ったマンガ。
待合室でわらっちゃったよ。病院だっつうのに。
付き添われた方は登録に、門審に、検査に採決に走り回っているというのに、わたしはその車椅子を押しながらニタニタ。

読書家のレッテルを貼ってほしい主人公は、あらすじや題名から本について語ろうとする。
夏目漱石の「それから」の続編があったら、その題名は「それからそれから」だよ、などと。

なんせおバカ。
ちょっと古いが「のだめ」が読書マンガだったらこうなるだろうな、と思える話。
本には食べこぼしをつけるし、自分の世界を凛として語るし。主張に客観性はないが、ひけに自信にあふれている。
と、おバカから始まったシリーズだが、三冊目に来るとかなり落ち着いて、普通の読書家娘になっているので、ちょっとつまんない。
まわりとも強調できるようになってしまって。
まぁ、人は進歩するんだ。仕方ない。

本読みの持つあるあるを描いた本。
当てはまりすぎてうんうん、あるある。
わたしも三人の川下りを読まずに、犬は勘定に入れません、を読んだ口。
あぁ、確かに読まなくっちゃ。






b0321934_17565317.png










にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
[PR]
by mkbookies | 2017-10-12 18:15 | マンガ | Comments(0)
<< バンク・バンク・バンク 暇 >>