人気ブログランキング |

わたしの人生を変えた本。(個人限定)

相手がミスをした。または予想外の行動に出た。見逃してスルーさせる選択肢がない場合、あなたはどうしますか。

ー どうしてそんなことをしたのか、相手に理由を聞いて、自分で解決策を探させる。
ー 指示を出し直し、相手のやり直しを確認する。
ー 諭す。
ー 叱る
ー 目くじら立てて怒る。

公も私も、そんなものだと思っていた。
そんな鱗を目から落としてくれた本。
b0321934_15112681.png








 リサ・クレイパス 和題 「もう強がりはいらない」 
妹が突然赤ん坊を抱いて実家に現れ、あっという間に失踪する。毒母はもてあまし、長女の主人公に電話を掛けて来た。
早くどうにかしてちょうだい。
事業経営者の、若い美形な男が父親らしいと聞き、主人公は妹と子供の父親を探しに、離れた町へと車を走らせた。
 + 以前書いたあらすじはこちら

 
はい、ロマンス本です。
嘘ばっかりのご都合主義~、ロマンチックならなんでも来いじゃないのか。
でも、
この主人公の、同居人の話し方は、読んでいてツボにハマるものがあった。
全体的に性格のいい同居人ではない。菜食主義で自分勝手で自分が大事。パートナーにも自由重視。
一挙一動に同意できる男ではない。
が、

主人公が変わりを打ち明けなければいけない、切羽詰まった律儀な彼女への、対応には不意をつかれた。

以前、現実に出会った。「結局は別れてしまったけれど、口論ひとつしなかったカップル」、高速のインターチェンジのカフェで偶然相席になった「丁寧語でひそひそと注意しあうカップル」を思い出した。コンピュータ屋で技師兼店員の、推定20代の若造に、そういう話し方をする人もいた。
上から目線ではない、穏やかに、相手を聞く体制に導く人。

カナダでも一度、もう持っている空気があからさまに違う、そういう学生に会ったことがある。
(怒った時は普通のブラックのにーちゃんになっていたが)

ああいう空気はいったいどうやって身につけるのだろう。
それを目指すきっかけになった一行が載っていた。
けれどこれで他の人も人生が変えられるかというと、?、になる。
具体的にどう目指すのかなんて、どこにも一切載っていないし。
それでも、こんなふうに他人を受け入れるようになれればいいな、と思わせてくれた本。

人生を変える物なんて、人それぞれとしか言いようはない。

なにはともあれ、のんびり読むには最適な大人のロマンス本。いい男もいっぱい出てくるし、きれいなおねーちゃんもいっぱい。お金持ちもいっぱいで、会話もおしゃれで楽しい、最後は安易だけれど読後感のいい本だった。

(原題 Lisa Kleypas著 Smooth Talking Stranger)


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


by mkbookies | 2015-10-17 15:51 | 洋書
<< Lost & Found (8... フランス情報誌 ニュースダイジェスト >>