Miss月&Mr太陽

3月、4月は月と太陽が出会う季節。
太陽がセレナーデをかなで、月もまんざらではない素振り。
ほどなく仲むつまじいカップルが誕生し、子供も誕生。
共働きのすれ違い家庭、子供の世話より夫婦の時間が必要です。
よって養育係を採用する。
一矢を得たのは月に忠実な犬。
子供は路上で寝っ転がることや、ゴミ箱をかぐこと、物を取ってくること、外で正しい要のたし方などを次々と吸収し。



ジャン・コクトー著 「おかしな家族」。
出版社が「二冊買った人にはおまけで贈呈」として1948年に配った代物。
1993年に復活して、1994年に日本で翻訳もでている。
以前本屋で見かけたのだが、値段の表示がなく、店員さんも忙しそうだったのでその時は買わなかった。
バーゲン時のおまけ本として先日うちにやってきた。
フランス、太っ腹だ。
あって当たり前の本なのかもしれない。

シンプルでお手軽で、
子供にはもったいないほどきれいな造り。
でも、子供の本音は、最後に収縮されているかも。
子育てに一段落した「親」なら、落ち着いて笑って読めることかと。


Jean Cocteau DRÔLE DE MENAGE で画像検索すると、雰囲気が把握できます。
b0321934_15101316.png










[PR]
by mkbookies | 2015-05-19 15:11 | 洋書 | Comments(0)
<< ミツバチの巣箱を噛(は)む 携帯 >>