タグ:恋愛 ( 7 ) タグの人気記事

ダサ系Boyと人気者Girl 鉄板の高校平行純愛物語。きっかけがなければこのふたり、一生並んで歩いてるだろう。ひたすら並んで、平行に

クラスの美少女人気者、地味なクラスメートなんて鼻にもかけない。
授業中の必要最低限話しかけにも耳も貸さない。
それが合宿でふたりっきりになったのを機に、学校帰りに話すようになり。

でも、Boyは派手子に引き気味だし、GirlはBoyに言いださない。
定番のライバル、幼馴染、昔の恋、いろんな横やりが入る。
山あり谷ありエピソードには事欠かないのに、内気同士は進展しない。
日々はそのまま過ぎていく。
自分の心の動きに敏感すぎて、目が離せない。
お互いの秘めたときめきは、読んでるこっちにまで伝わってくるというのに。

最近集中力が続かなくって、一冊読むのが遅くなった、
思っていたけれどこれは半日で一気読み。

半日かかったのはついついネットで作者のプロフィールを検索し、この話の4コマ漫画版を読んでいたせい。
ほんのさっき読んだ展開なのに、それでもわくわく読みかえす。
あのときめきをもう一度。
高校の校舎、どきどきしていた毎日、忘れていた想いも思いだせる。


軽い気持ちで買った一冊。ここまではまると思わなかった。
なんせキュート。
そしてラストは。

私もあの時あそこでああしていれば。
このふたり、ずっと並んで歩いてほしい。

「君に恋をするなんて、ありえないはずだった」筏田かつら著



読んでからググると、著者のサイトがあった。

この本本当は上下巻になるのだけれど、
新人作家なので「上」とつけられなかったとのこと。

こんなピュアな本に、オトナの事情は悲しいする。

思っていたら、「重版&続編出版決定」のお知らせもあった。
オトナも昔はティーンだった。
嬉しいよぉ〜。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ


[PR]
by mkbookies | 2017-04-08 06:02 | | Comments(0)

いい加減な夜食 秋川滝美

ブログが更新できない。

家のWIFI機と交信しなくて何か月たっただろう。
毎月の通信費が訪問者のためのみに支払われている状態。
ここはキッズと親族のツーリストハウスか。

いつからかスマホからの更新もできなくなった。
正しくはアプリを入れれば使えるらしいが、キッズもいじるのでアプリは極力入れない。
(買い物もバグるのでそのまま放置。こっちは好都合)

という訳で本の話はこっちでやってます。
本が好き

でもくだらんネタも描きたい。対策探求中。

くだらんネタ、なんかいっぱいあったなぁ。

メモで書き溜めているからそのうちどこかで。


※※※
昨日読んだ本:

いい加減な夜食

賞味期限切れの食材で作った夜食で、お屋敷のボスにスカウトされたシンデレラストーリー。
でもシンデレラ、お城に来たくはなかったの。
だってボスが世間的には完璧すぎて。

以下私見:


 Mom I`m so hungry

ジェーンオースティンの高慢と偏見、BBC版を見て一番印象に残った英語。
こういう言葉はすぐ覚える。

Ici habe Hunger
こっちの本にも出てきた。
ドイツ語版。
横文字にするとかっこいい。
でも耳にするのは「イッヒ ハバア フンガア」

フンガア。

大昔ラジオで一度耳に挟んだだけで一発で覚えた歌のようだ。

♪ フンガア フンガア フンガア フンガア フンガア フンガア

リズムはどうでもいい。
パロディ 入れ歯を忘れえた高齢合唱団。

こっちが親の入れ歯を見るようになって、入れ歯やそれを使っている方々に関する考え方は変わったにしろ、
子供の頃に刷り込まれた歌は消えない。

そんな話よりも本題。

ノリで読む本。
ヒーローに魅力を感じるならよし、ヒロインに入れ込めるならもっと良し。

図書館戦争みたいなノリで、
もうちょっと細かく遊んでほしくて、
状況描写をエピソードでもっと遊んでほしかったが、
まぁそういう本はおいおい出てくるのでしょう。

軽く読むには楽しかった。
ジェーン・オースティンの高慢と偏見、ダーシーも、出会いの前はこんなんだったりして、とか考えたりして。

ポメスという言葉は懐かしかったわ。
フライドポテト。
アメリカに行くとプレンチポテトと呼ばれ、
フランスではポッムフリット。(des pommes frites)
片言の言葉つたない子供が一発で覚える。
ドイツではここからポメス (pommes)になり、もしくはフリッテン。
こういう言葉も一発記憶。

ケチャップにマヨ。
高貴なお方はこうはいくまい。
ヒロイン佳乃は幼少のころからお忍びで、ジャンクフードをお楽しみあそばしていたのでございましょう。
b0321934_10171102.png












いい加減な夜食
秋川滝美著

※※※

すれ違い、勘違いストーリーでは、田中芳樹の薬師寺涼子も読みたくなった。
こっちもキャラたちの自己主張がすごかった。
こっちの俺様もエリート路線でぶっ飛ばし、語学堪能、減らず口堪能。

「いい加減な夜食」
6月までにドイツ語マスターする。
個人的に目標再設定。
きっかけになっただけ、読んでよかったと思える本。




にほんブログ村 本ブログ 洋書へ


[PR]
by mkbookies | 2017-02-26 10:34 | | Comments(0)

リサ・クレイパス Brown-eyed Girl やさしさに触れたなら

久々に横文字を読んでいる。
恋愛物。リサ・クレイパス、実業家トラヴィス家4人兄弟姉妹+父の恋愛史。
今回は3男がヒーロー。
3兄弟揃いも揃って余裕をかましたいい男。既刊本がこの前に3冊ある。大金持ちの父と性格のキツイ長男メインの話がSugar Daddy、一人娘メインがBlue-Eyed Devil、次男がSmooth Talking Stranger。どれも女性向けロマンチックラブストーリーの王道を行くような話。平たく言うとハーレクイン並み。
三浦しをんが 「ロマンス小説の七日間」で言うところの「翻訳した一生分だけ印刷して、あとは全部白紙でも、きっと読者は的確にその後の展開をラストまで想像してくれる」本。
それでも読む。
始まったとたんにああ、このヒロインがくっつくのね、とわかる筋。
それでも読む。

始まりは結婚式。
結婚式コンサルタントのヒロインは、友人の結婚式も事細かに手配をした。もう3年もこの仕事をやっている。手ぬかりなし、思ったところがトラブル続き。まずサソリが紛れ込んで来たり、結婚式のとき飛ばす白い鳩が鷹に狙われたり、-鳥を放った途端に捕獲されたりしたら式が台無しだ- 、新郎がドタキャンを申し出たり。
共同経営者の妹とひとつひとつ解決しながらさて、式もたけなわ、あとは盛り上がりをチェックして、思ったとたんにナンパされ。誘いをかけるはサソリを問答無用で退治してくれたカメラマン。名家の出身、シングルで、あからさまに接近してくる。ヒロインは、興味がないと言いながら、話をするのは肩の力も抜けた自然体。これを俗に「意気投合」というのだろうか。
だからこの先こうなって、ああなって、そしてこんなことを言い出して、結局やっぱりこうなって。

読まずにもわかるじゃん。

でも、このシリーズ、会話が粋で、結局ついつい読んでしまう。

空き時間にちょこちょこ読んでいる。
Lisa Kleypas Brown-Eyed Girl 日本語タイトル「やさしさに触れたなら」
b0321934_23055296.png















翻訳する人、タイトルを決める人、きっといろいろ考えたんだなぁ。




にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村



[PR]
by mkbookies | 2016-03-28 23:08 | 洋書 | Comments(0)

結婚は殺人の現場 崖っぷち転職記第四弾 エレン・ヴィエッツ

ヘレンの崖っぷち転職記、第四弾はブライダルサロン勤務。
時給は安いが売るとマージンをつけてくれるオーナー。円にして数十万単位のドレスが飛ぶように売れていく。札束をちらつかせるのは毒母。完全に母親の尻にしかれる新婦。この母親がまぁ好き放題生活を満喫しているのだわ。娘の結婚式を美男美女で飾り、若い男に唾をつけ、お抱え運転手はとっかえひっかえ、特別勤務を強いている。娘の結婚は愛情あってのものなのでしょうか。それともカネ目当てか。

高飛車な母親に、ヘレンはかろうじて耐える。ブライダルサロンではお客様が神様なのだから。
けれど、結婚式場にまで呼び出され、こきつかわれ、おまけに若い男と教会でやりたがっている母親の姿を目の当たりにしたりすると、おもわず声も荒くなる。
結婚式のリハーサル中大勢の前で大喧嘩をしてしまった。
その後その相手が殺されてしまったのだから、警察はヘレンに疑いの目を向ける。
でもこの母親、他にもいっぱい恨みを買っているんだよぉ。
言ってもそう簡単には警察は引き下がらない。
金持ち社会で、ヘレンは格好のスケープゴードなのだ。
身の潔癖を証明するには、なんとか真犯人をあげないといけない。


※※
このシリーズ、本筋以外にもたいがい二つや三つ枝葉が伸びる。彼氏の妻が彼氏のもとに舞い戻ってきたり、アパートの大家に歳相応のいい男が現れたりと、なにもかもがてんやわんや。
これでも元気に生きているのだから、こっちの多少の障害なんて、大したことではないのだなぁ、思いつつ読了。

それにしてもコージーというジャンル、たいがい主人公は「跳ねっ返り」で「負けん気が強い」。
次の巻もあるのだけれど、ちょっと鼻についてきたので、今度は違う路線の本が読みたくなる。

b0321934_04515373.png








Elaine VIETS著 Just Murdered
[PR]
by mkbookies | 2014-10-11 04:53 | 洋書 | Comments(0)

憑き女(3&ラスト)


b0321934_16042225.jpg




美容院でお客の身の上話を聞いているような、モノローグな本だなぁと思って読んでいたら、精神療法をテーマに記された小説だった。
遺伝への恐れ、求める愛情、家族。

もう一回読むかと言われたらうーん、というけれど、学術/説教に偏らず、舞台を見るような挿入歌。
憑かれた女が過去を乗り切る話。


次はもっと軽い本を読むぞ。

[PR]
by mkbookies | 2014-02-26 17:57 | 洋書 | Comments(0)

憑き女(2)

今読んでいる本。
b0321934_16042225.jpg









1/3まで読んで気がついた。
これはマジにスピリチュアル視線の話だ。
こっちで「小説怪奇物」「小説あなたの知らない世界」をあまり読んだことがなかったので、途中まで気がつかなかった。
図書館よ、ファンタジーものは一般の棚に分別しないでおくれ。

図書館で見かけたから借りたものの、初見でこれを買う? この話、好き?と問われたら、どちらも否定形で答えるだろう。
押しに弱い意思薄弱な女、パトロンの妻の目を逃れて言い寄られるがまま結ぶ情事、父の家系の問題でわたしももやっぱり霊感が強いのよ。加えて繰り返し夢で見る屋敷。少女漫画かレディースコミック。
高級住宅のゴージャスな物件がちょいと光るが、力ない視線で語る独り語りが影を落とす。
ああなんで読んでいるんだろう。
思っているのに、買っちゃった。

カチンと来る本は、読み飛ばして読み終えてはい次に何を読もう、と思わせる本よりも存在感がある。
なんで読んでいてこんなにいらいらするのだろう。なんでこの女もっと強い態度ででないのか。
妻を放ってちょっかいかけてくる男と、長々と関係をもつのかい。価値あるなら寝とるのがフレンチ娘だろう。
(バーチャルワールドだから言える言葉)(フランスではまごうことなき現実だが)(そういえば社内にいたちょっとイイフレンチ男。男児二人の子持ち、妻アエロのインストラクターが、南仏に新職を求めて転居した時、色っぽ~い秘書さんがいつの間にか姿を消した。数カ月後には南仏で出産してた。閑話休題)

本ってこんな風に脇道に想像を飛ばさせてくれるのがスロー・リーディング醍醐味なのさ。

こいつは一度読み切るかもしれないけれど、また後から読み返す本に入る可能性あり。
ストーリーはねっとりと情事へ進んで入るが、まもなく夢で見た屋敷に踏みこむだろう。取りこんで離さない蜘蛛女とかになったりして。

妄想しながら読んでいる。

[PR]
by mkbookies | 2014-02-25 16:30 | 洋書 | Comments(0)

憑き女 Lady Hunt



Helen Frappat著 Lady Hunt (憑れた女? 憑く女?) 今読んでいます。
b0321934_16042225.jpg










英仏バイリンガルの若い娘ロラ、パリの不動産屋で仕事を見つける。
言葉はできてもに商売に疎いことに、雇い主は雇った後で気がついた。
高級住宅街でオン・ザジョブトレーニング。雇い主の後について賃貸物件を廻る間に、いつしか情事が結ばれた。

話はそんなことでははじまるらない。
八才の子連れ夫婦に高級アパートを見せにいく。
高級な作り、ゴージャスな家具。騒がしい男の子は奥の部屋へと遊びに行った。
行ったっきり、姿が見えない。
外に出るには自分たちのいる部屋を抜けなければいけない。
奥の部屋の窓は閉まっている。
男の子はどこに行った?

夜は奇妙な夢を見る。同じ屋敷で黒い鍵。繰り返し繰り返し現れる。
夢と情事の間に入るものは、幼いころの家族の思い出。
イギリス人の父は、村では魔性と見なされていた。
週末を利用してのブルターニュへの不動産開拓。
雇い主と訪れたその先には、夢で見た館がそびえ立っていた。

※※※※※※

行けば必ず不吉なことが起きる、というわけではなかろうが、娯楽で読むには面白そうな本。
表紙がこれに似た雰囲気、と思っていたら、中身ももしかして、こういうちょっとぶっ飛んだミステリアスな女性の話なのかもしれない。
b0321934_16305054.jpg


アメリ・ノットン 冬の旅

どきどきしながら今読んでいます。
さっさと読んでさっさと図書館に返そう。

次は明るいおバカな本を読むぞぉ。

変な家つながりで「紙葉の家」に行くかもしれないけれど。

※※※※※※※※

ちなみに「憑女」の作者、エレン・フラパは1969年パリ生まれ。
小説家、翻訳家&映画評論家
Hélène Frappatで画像検索すると、ポーズの決まったお写真が出てくる。
こんな女性になりたいな~。

これからもちょっと探して読んでみたい著者。


非常に私的な読中感想
[PR]
by mkbookies | 2014-02-24 16:34 | 洋書 | Comments(0)