タグ:イギリス ( 17 ) タグの人気記事

塗り絵の話をしたかったのだけれど、

先日から裏で夜中に人の気配がしていた。
柿の色づく秋、ひよどりもキィキィ鳴き、夜はやっと涼しくなってきた。
奇しくも読んでいる本はホラーライター加門七海。
秋の夜長の怪談話。
変な気配がしても暗がりをのぞこうとは思えない。
ドキドキしているうちにいつの間にかやむ茂みのガサガサ。

朝物置をおそるおそるチェックして、侵入者のいないことを確かめていた。

ある夜、ひさびさに普通の本を読む。
小川洋子。
やっぱり裏でガサガサいう。
二階の窓を開けると、一本の木だけ揺れている。
風じゃないよね、一本だけって。
今読んでるの、加門七海だっけ?


懐中電灯をつける。

小ぶりの柿の木になるでっかいアライグマの頭みっつ。

最近熟れそうな実がいつの間にか消えているのはてめえらの仕業かぁぁ。
そういえばこの間から鳴き声がすると思っていた。
まさかそんなお客さんが来ていたなんて。

翌朝青い実もこみですべて収穫。
よく見ると溝に柿の種がちらかっている。雑草に紛れて柿のヘタ。
祖父の代からの柿の木は、アライグマ御用達であった。

青柿の処理を聞きに病院の母にアポなし突撃。
そのあと市の鳥獣係に電話。
バタバタした一日を送り、夜また小川洋子を開く。
アライグマの切ない声が、柿の木の下から聞こえた気がした。
その夜からお客さんは来ない。


※※※※※

話は大きく変わって塗り絵の話。
ネット上でふとさがすと、やっぱりあったイギリス塗り絵。



b0321934_05165499.png










とか、


b0321934_05164581.png











高慢と偏見等、ジェーン・オースティンの塗り絵本。


ジェーン・オースティンは著作権も切れて廉価本も電子本も山ほど出ているけれど、
こういう挿絵がどっぷり入っているなら、紙の本も売れるわな、と思ってしまう。
b0321934_05163668.png














じかに塗る勇気は私にはない。




※※※※※※※

今読んでいる本。
b0321934_05200727.png









囀(さえず)る魚 アンドレアス セシェ
もちろんジャケ買い。

ドイツ語なので蝸牛の歩み。


こいつは、表紙をトレースして、塗ろうかとも考える。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村



[PR]
by mkbookies | 2016-10-07 05:50 | 洋書 | Comments(0)

2015 Myベスト


しみじみ編:

病身で家にこもっていた時の、かたつむり観察記。
前半はかたつむりの徘徊の跡を追って家を探索し、さまざまな思いを巡らせる。
元気になるにつれ、ジャーナリストの職業意識か、かたつむりについて調べはじめた。
うちのかたつむりは一体何種? 
これも一種の闘病記。

「カタツムリが食べる音」 エリザベス・トーヴァ・ベイリー(Elisabeth Tova Bailey)著
(原題:Sound of a Wild Snail Eating  )
b0321934_05131181.png












波瀾万丈うそばっかり、歴史冒険物語編: ウンベルト・エーコ 「プラハの墓地」
フリーメイソン、イタリア独立戦争、歴史のことがちょいとわかった気になれる。
うその中にほんとを探せ。(←これは谷川俊太郎)

b0321934_05270971.png










次に笑える編:

毎年笑えると言えばアメリ・ノートン。
「Le crime du Comte Neville」 直訳:「ヌビル伯爵の犯罪」
ベルギーの古城の保持が大変、
手放すと決めた伯爵が、最後にガーデンパーティを催す。パーティ開催の前に、おせっかいな預言者が不吉な言葉を口にした。
- パーティであなたは招待客を殺すだろう。
頭を抱える伯爵に、ティーンの娘が言いだした。
- それなら私を殺してよ。

解決法は何もかもが、破天荒。


b0321934_01340906.png










もっと笑えた編:

ワイフ・プロジェクト。:Graeme SIMSION著。

アスペルガーの入っているだろう遺伝子専門家の恋物語。本人は至って真面目だし、悪い人じゃないんだけどね。
とっても幸せになってほしい男です。



b0321934_14052774.png











そしてまじめ編:

原題Le Miel(直訳:はちみつ)Slobodan DESPOT著

幻想と第六感から始まって、偶然は様々な奇跡を呼ぶ。
過酷な現実に、努力で立ち向かう息子と、運と勘で生きる父。

民族戦争について、こんなにまじめに読んだのは初めてだった。


b0321934_07001412.png











最後に、終わりよければ全て良し編:DVD:
「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」
b0321934_20430958.png 














タイムトラベラーの資質を優性遺伝した青年の話。

やっぱりラストは笑顔で締めたいもの。

2016年が、みなさまにとって良い年となりますように。




にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

[PR]
by mkbookies | 2015-12-31 16:28 | 洋書 | Comments(0)

エマ・トンプソン

エマ・トンプソン&いい男マッチング映画を続けて観た。

The Love Punch と新しい人生のはじめかた。(Last Chance for Love)
b0321934_05031534.png  
b0321934_05032550.png






でっかいほうが別れた夫とのはちゃめちゃコメディ、小さい方はしみじみ熟年男女の出会い。

コメディは派手に笑いを目指し、しみじみはじっくり人間味を語る。
どちらもストーリーは簡単。

コメディのほうはまず英国からはじまる。
夫の勤め先が買収された。会社はなんの通達もなしに閉鎖。次の給与の保証はない。こっちは生活がかかっているのだと買収元に乗り込むことに。目的地はパリにある。エマ・トンプソン演じる元妻はフランス語喋れるだろう、と半ば無理やり同行させられる。さてさて従業員への給与を、なんとかひねりだすことはできるだろうか。
パリから南仏まで風光明媚な映像がいっぱい。
奇想天外な展開もいっぱい。

一方、「新しい人生のはじめかた」しみじみ版はアメリカから話がはじまった。
アメリカのミュージシャン、ダスティン・ホフマンは娘の結婚式に参加するためにロンドンへと飛び立った。
なんとなく人とうまくやっていけないこのお父ちゃん、華がなくノリも悪い。タイミングも読めないからか、実の娘からも敬遠されている。
バージンロードの同行も断られ、しょぼくれている時、ロンドン在の一人ランチ女性、エマ・トンプソンの姿が目に入った。

会話が弾み、楽しい時間が流れていく。しかしお互い知らない者同士。距離を取りつつ折り合いをつける。徐々に親しくなれるか否か。

ストーリーは単純明快。見知らぬ物同士のロンドン数日間、という感じ。
話にメリハリをつけてくれるのはエマ・トンプソンの母。寡婦として一日家で過ごす母は、隣家の男を窓から観察しては逐一娘に報告してくる。
あれはきっと現代版切り裂きジャックよ。

登場人物は皆どこにでもいる普通に人たち。朴訥として地味なだけに、心情がゆっくりと伝わってくる。
温かい気分に包まれて、いつまでも見ていたいような映画だった。

どちらもエマ・トンプソン&いいオトコの映画だが雰囲気は両極端。そう思って監督をチェックしてみたら、両方共ジョエル・ホプキンスだった。
え? 同じ監督?
ここまで違う映画を作るか。
ちなみに「新しい人生のはじめかた」は2008年、Love Punch は2013年の映画。
次はどんな映画を見せてくれのだろう。




にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


[PR]
by mkbookies | 2015-08-19 06:05 | DVD 映画 | Comments(0)

absolutely anything

映画を見てきた。
「absolutely anything」






イギリスの、多分ロンドンにて、犬と暮らす独身男。ひょんなことから“望みをすべて叶える力”を手に入れた。
勤め先の学校の、上司よ優しくなれ、クラスよ模範クラスになれ、同僚の想いを叶えてやれ。
同じアパートの女性も自分のものになればいいのに。
次から次へと希望はでるが、言葉を得た飼い犬の本心を知ったりと、予期せぬ出来事が連発する。
その上馬鹿とチカラは使いよう、と悪用する男も出てくる始末で。


筋書きは単純。くっだらなぁい。ティーンの映画にもなりそう。でも出演者の年齢層がちょいと高いなぁ、思っていたら大どんでん返し。
この展開は不意をつかれた。ティーンには、ミニオンズで充分だ。
なにはともあれ、いくつになっても出会いは必要。欲も希望も捨ててはいけない。
それに、映画は、気分転換の一手なのだ。主要人物の平均年齢が30前後。人生これからが勝負のお年。楽しく笑って過ごさなくっちゃ。おちゃらけ感がいっぱいで、犬もわんさか出てきていた。(これは結構ポイントが高い。途中ダレてもけっして犬からは目が離せない)。
そしてラストの突然の変化球。完全に死角を突かれたよ。
おまけに映画館を出てからも、尽きることのないネタがある。

「望みがいくつでも叶うなら、いったい自分は何を願おう」

わたしなら、キッズには各自の望みの仕事につかせて、望みの人生が送れるようにさせる(※)。
(※ どれもお天道さまに顔向けのできる道であること)
親族一同は宝くじで各自億万長者にさせて、あとは勝手にやっとくれ。
それから戦争がなくなることと、大気洗浄、水浄化。それから、それから。
自分自身には雑巾猫二匹と、気ままな暮らし。こんな風に好きなことを書き散らかしてやっていければ万々歳だ。

映画を見終わって数時間。今も楽しい気分が続いている。

※※※※※※※※

あとからネットで調べて知ったけれどワンコの声はロビン・ウィリアムズだったのね。






(このワンコの声)

言われてみればエンドロールで収録風景を撮影されていたワンコの声優さん、どうみてもロビン・ウィリアムズだった。
(リンク:プレミア

製作者や協賛のリストと並行して、観客を惹きつけるようには作ってあったが、それでも軽く見流してしまった。
もっとちゃんと観ておけばよかった~。



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


[PR]
by mkbookies | 2015-08-13 07:26 | DVD 映画 | Comments(0)

ミニオンズ

ミニオンズ、結局映画館で見る。2D。
理由は3Dがあまりにも混んでいたから。

2Dでもいいと悟る子供はいなかった。映画館は10人足らず。平均年齢推測40ちょい。
「この映画を見る理由はなんなのですか」といちいち聞きたくなるような客層だ。

で、映画。
ミニオンと言われる黄色い団体、彼らは悪者をボスと崇める習性があった。
ボスを求めて幾億年、恐竜、原始人、ナポレオン。どの強者とも共存に失敗。やむなく自分たちだけで生活をはじめた。
広々びのび暮らす日々。しかしなんだか物足りない。
有志たちは新たなボスを求めて広い世界に出ていった。

紆余曲折の中、ボス候補にあがったのは女盗賊、スカーレット。
彼女のターゲットは「英国女王の王冠」だった。

※※※※※※※

町は破壊され、バッキンガムは遊戯場。
発案者はフランス人だそうな。英国女王まで巻き込んでのどたばた劇は、英国がよくも許したなと思えるほど。
日本の皇居でこれをやるときっと一悶着だ。
そんなうんちくを並べる大人はこの映画を見る資格はない。
でも、制作者の立場からするとこれほど楽しい映画はなかろう。
脳天気で仲間思いのミニオンたち、この続編を作るとしたら、次は皇居の地下に巣食うミニオン亜種のお話か?
十二一重を引きずった魅丹苑(ミニオン)がウンカの如く右往左往。
彼らは不老不死っぽいので、話はいつまで逆上れるだろう。
そんなことを考えながら、一時間半を満喫。
大スクリーンで見るのならば、3Dで徹底的に楽しむべき映画だった。

おまけ パリ地下、ミニオンズ美術館
ダヴィンチから、ゴッホ、ピカソ、アンディ・ウォーホール等アリマス。


フレンチポスターは先日貼ったので、今回は香港バージョンを。

b0321934_16171349.png





















にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


[PR]
by mkbookies | 2015-07-28 16:17 | DVD 映画 | Comments(0)

グラン ブタペスト ホテル


b0321934_14342028.png








映画館にかかっていた「建物」のポスター。ただの大きな建物なのだが、明らかに「変」なオーラがただよっていた。
結局DVDで見たが、
やっぱり変。
山の中にある大きな、由緒ありげなホテル。
ひとりの顧客が、唐突に隣の部屋の住人と話をはじめる。
このホテルの経営者だと名乗る男は、最初はしがないドアボーイだった。
学歴もなければパスポートもない外国人の男の子。
いかにしてホテル王となったのか。
男はゼロから話しはじめた。

淡々としたペース。
派手さもアクションも暴力もない。
いや、全てあるのだけれど、語り口(撮り口)がまったく予想外。
目が離せない。
続きが気になる。
人物がどれも強烈なインパクトをもっている。
モブですら個性的。
こういう映画の製作者っていったいどういう人なんだろう。

あらためて調べたら、有名な監督、ウェス・アンダーソンの作品だった。
先日テレビでちらりと見はじめて、何度か中座を試みながら、結局最後まで目を離せなかった、ムーンライトキングダムもこの人の作品だった。
b0321934_14481274.png






 b0321934_14484222.png









二年前に一度見ただけなのに、筋まで言える不思議な映画。
でも口では不思議さは伝えられない。
監督がいいのか、脚本のおかげなのか。
ウェス・アンダーソン氏は両方を兼ねている。
脳の中の、普段使っていない神経を、妙に覚醒させた映画だった。


映画と言えばつい最近見たものが、
b0321934_14572371.png 

 







「怪盗グルーの月泥棒」。

&続編、




b0321934_14571474.png





(ロシア語版のようなジャケが妙に合っていたので、ここではこの画像を拝借)

「子供向け」アニメでストーリーはいとも簡単。
性格の悪い大盗賊は、黄色いちまちましたのを手先としている。
黄色いちまちましたのは大盗賊の館の地下で、群れをなして暮らす。
地下がまた、アニメの醍醐味というのか、アトラクション会場のように、豪勢な造り。
そんな屋敷に身寄りのない施設ぐらしの女の子たちがクッキーを売りに来た。

ちまちましたのが大量に走り回って、女の子三人が好きなことしゃべり散らして、単純な悪党も、目的のためには力づくで突き進む。
展開も、え、そんなので解決するの~、と言いつつ笑える映画。
勢いだけでなんにも考えずに、ラストまで元気に笑わせてもらったアニメ。

ちょうど今、第三弾が映画館にかかっている。
「ミニオンズ: ミニオンが出会った悪党は、グルーが最初ではなかった」


そんなポスターを見ていると、ウチの13才が唐突に、
「ミニオンって、英語で子分、ていう意味なんだよ」
え、今の今までミニヨン(可愛い、のフランス語)からの言葉遊びだと思っていたよ。

度肝を抜かれた私の不意をつき、うちのローティーンたちは小遣いをせびった。
そしてそれぞれにツレを誘って、さっさと映画館へと身に行ってしまった。
どうもわたしは、ひとりで子供用の映画を見に行く羽目になりそうだ。

b0321934_14570425.png








クラシック版で見るか3Dバージョンで見るか、今真剣に悩んでいる。





にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


[PR]
by mkbookies | 2015-07-25 15:22 | DVD 映画 | Comments(0)

ロングボーン (高慢と偏見 二次創作)

ジョー・ベーカー著のロングボーンを結局読みつづけている。
高慢と偏見の5人姉妹の家、ベネット家の侍女を中心として、縁の下の力持ちから見たベネット家。
舗装されていない道は雨が降ると泥だらけ。そこで汚した服を洗うのも、掃除をするのも湯を沸かすのもすべて逐一裏方の仕事。
地味に働く日々のうちにビングリー家から使いが来たり、コリン氏が来訪したりして娘たちはいちいちきゃぁきゃぁ大騒ぎ。
ー 新しいドレスが要るわ。娘5人に一気に新調しなくては。ベネット氏に話をつけてちょうだい。
 メイド頭のヒルに頼みこむベネット夫人。
 年頃の娘が5人もいると話はなんだか華やかだ。
 それを笑って楽しんでいるほど、ひまがあったら楽しかろうが、下働きは大変だ。

そういう風に話の流れは基本的に原作にそっている。知った内容なら読み飛ばしても話はわかるとおもいきや、裏方は町で処刑にでくわしたり、ニワトリがキツネにおそわれたりと、裏方はいろんなことで忙しいのだ。

イギリスかアイルランドあたりの作者の書いたこの一冊、フランス語やオランダ語、スペイン語でも出ている模様。
なんだか手堅く読ませてくれる。

b0321934_04332073.png











Jo Baker著  LONGBOURN

[PR]
by mkbookies | 2015-05-13 04:35 | 洋書 | Comments(0)

高慢と偏見を元に

読まない、使わない。けれどつい手を出してしまうものに料理の本、というのがある。
ユダヤ系料理、クレオール、ニューヨークまで料理集となればうっとりと写真を眺めてしまう。
ラルースの料理大全になると寝るときも離せなくて枕にしてしまうほど。

そして先日、高慢と偏見の二次作品第三弾を選んだ。Lonfburn。(高慢と偏見の5人姉妹の実家がある町の名前)
b0321934_04131426.png









(どれも同じ本、右はフランス語訳)
ベネット家を支えた使用人の話。
侍女視線で「本作では手紙をわたすだけの男」や「メイド頭のヒル」その夫などが登場。
これにでてくる使用人の食事がとってもおいしそうなのだ。
シンプルに素材をあわせて口に入れるだけなのに、ここはフランスかいと言いたくなるほど豪華に見える。
そういう軽いノリで選んだので、食事の場面以外となると途端に読むテンションが下がる。
登場人物たちはとっても真剣に労働に励んでいる。
朝の4時に起きて水を汲んだり、掃除をしたり、
エリザベスが泥まみれにしたペチコートを、いい加減にしてくれと思いつつもせっせと洗ったりするのが日常。
ウンベルト・エーコのフーコの振り子を読みながら、この労働風景を読むのはちょっと真面目すぎ。
ロングボーンで働く人が悪いわけではない。
ただ単に読む側の気分の問題。


結局この本は一時保留として、「高慢と偏見、そして殺人」(P・D・ジェイムズ著)を読みはじめた。


b0321934_04215279.png










お館様がやっとご成婚。
エリザベス奥様の才女ぶりが知れ渡るのに、たいした時間はかからなかった。
まもなく屋敷でパーティが開かれる。使用人を指図しながらエリザベスは考える。
実家で働いてくれる人たちは家族同様だったけれど、ここはもっとビジネスライク。
代々の使用人を抱える大きな屋敷。規模が違うから仕方ないか。

まだほんの読みはじめ。
それでもさすがにイギリスのミステリ本格派、P・D ジェームズが書いた二次作品。
学芸会だったような乙女チック表紙の前二冊とは、なんだかもう気迫が違う。
けれど何だか華々しいし、ベネット氏やあのおかーちゃんと、久しぶりに会えるような予感がしてなんだかわくわくしながら読める。
ひさしぶりに、ミステリィも読みたかったし。

高慢と偏見といえば、白黒映画を観る機会があった。
ローレンス・オリヴィエの1940年の映画。
b0321934_04392747.png









(DVDのカバーだけカラー)

ベルサイユのばらのようなふくらんだ衣装で娘たちはしゃらしゃらと更新する。
本当は時代錯誤はなはだしいらしい。
けれど映画だから華やかに、とこうなったのか。
おの素っ頓狂なお母様、白黒の方はごく普通かとおもいきや、町からの帰りに馬車で競争させる意気込み。
どういうふうに撮っても、あの性格は固定値なのだろう。

白黒のメアリーはBBC版と違ってごく普通の、笑顔の可愛い女の子。
出会った殿方と二重奏を披露したりして。
正直、主役のふたりはありきたりすぎて、メアリーのほうが魅力的だった気がする。
BBCであれほど仏頂面だったから、笑顔が一層ひきたったのかもしれない。


[PR]
by mkbookies | 2015-05-08 04:54 | 洋書 | Comments(0)

再度 ウォルト・ディズニーとの約束 SAVING MR BANK

前回いい忘れたこと。

アニー ローズ バックリー (Annie Rose Buckley)メアリー・ポピンズの作者の幼少時代を演じたオーストラリアンガール。

彼女を目当てに見てもよし。


メリーポピンズにまつわるビデオリンク。

https://www.youtube.com/watch?v=Nb90ZB8qsHk

公開にあたっての記者会見。
エマ・トンプソンはエマ・トンプソンで、トム・ハンクスはトム・ハンクスに見える。

そして撮影最終日のスタジオにて。



[PR]
by mkbookies | 2015-02-24 15:29 | DVD 映画 | Comments(0)

ウォルト・ディズニーとの約束 SAVING MR BANK

メリーポピンズの新しい映画があるとは聞いていたが、「ディズニー」といいうことなので見ていなかった。
くまのプーさんを変身させた業界にはあまり近寄りたくはなかったのだ。

星の王子さま(http://p.booklog.jp/book/94728/read)が火山の掃除をする場面から、煙突掃除を思い出し、煙突掃除といえばメリーポピンズだよな、と検索してみて、
あの映画がディズニーだったとをはじめて知った。
そして新しいメリー・ポピンズは、ディズニー「製作」ではないこともはじめて知った。

オーストラリアでのドキュメンタリーが発端、BBCが後押し、それでも結局最終的に必要だったのがディズニー社との交渉。
脚本や内容に大きく干渉すると思われていたが、ディズニー社は重役会議の末内容にはノータッチ。メリー・ポピンズ製作時の実際の録音や資料を提供。ディズニーランドやスタジオを中心としての撮影となった。
ウィキペディア、ウォルト・ディズニーとの約束より)



ふぅん。
根っからのディズニー、じゃないのね。
エマ・トンプソンだし。
結局ゲットし、その直後にインフルエンザもゲット。四日間ダウン。
ダウンしながらも見た。
b0321934_15425517.png









- こんなスノッブなバンク夫人は却下。この時代に働いてなかったからといってどうして裕福だといえるのよ。
- 父親は家を省みなかったって? そんな冷たい人物じゃないのよ。
- アニメはいやよ、アニメは絶対にやめてね。

 ディズニーが映画化するにあたって、原作者が脚本、設定、セット、音楽のすべてに反対の意を表明する。

- こんなアパートなわけがないじゃない。うちのドアはピンクで、窓には花が飾られてるの。

- 納得いかないものには映像権は渡さない。契約書には絶対サイン、しないからね。

- どうしてバンク氏にひげが生えてるの。ヒゲはいらない。

 頑固な著者の頑固な態度。
その土台になるのは大切にしてやまない登場人物たちへの想い、そして作者自身の思い出があった。
 

 幼少時代と映画化交渉の話が交互に進行していく。
 優しかった父親、馬を駆ったオーストラリア、オーロラ。
 父親は、子どもたちには優しい、けれどアルコールがやめられない人だった。

映像権をもらえるかどうかは著者にかかっている。
それでもスタッフは答えるしかない。
- ヒゲは、ウォルト・ディズニーの案なのです。

ウォルト・ディズニーVSメリー・ポピンズ。

どちらも譲れない線がある。
なぜなのか。

偏見にまみれて、劇場で見なかったことが悔やまれる。
ぜったいに大きな画面でみるべき映画。


[PR]
by mkbookies | 2015-02-23 15:54 | DVD 映画 | Comments(0)