カテゴリ:時事( 13 )

郵便屋はチキンを運ぶ

ニュージーランドでは郵便物が減ってしまい、ついにはケンタッキーフライドチキンの配達に手を貸すことになったそうな。

日本では郵便局も宅配屋さんも、通販の流通に右往左往しているというのに。

でも考えればそれも薄利多労働。
あったらあったで、なければないで。

ニュース元:
http://mobile.francetvinfo.fr/monde/pacifique/les-neo-zelandais-n-envoient-plus-de-lettres-la-poste-compense-le-manque-d-activite-en-livrant-du-poulet-frit_2129161.html

[PR]
by mkbookies | 2017-04-04 19:18 | 時事 | Comments(0)

フレンチエリート予備軍 三日間のスト クラスメートに在籍させろ

どこかでプッチッとダニにかまれた。
何日かたって、もしかしたら何週間かもしれない。なんだかだるくなってきた。熱があがる、筋肉痛、インフルエンザかもしれない。いや、ただの風邪だろう、思っているうちに神経症がでてきて。

ライム病は野に住むダニが媒介するやっかいな病気。
犬猫、ウマもかかりうる。人間もしかり。



という風にか、一人の女の子がダニに噛まれた。
症状が重くなり車椅子が必要となった。
しかし学校にはエレベーターがない。
転校させると学校側が判断した。
けれど行先に、彼女の行きたいクラスはない。
学校は由緒正しいエリート学校。パリのリセ・モリエール、インテリキッズの集まるプレパラシオンの一生徒だった。

エリート予備軍、グランゼコール選考前の養成所、だわな。
授業の内容もハイレベルだろうが、生徒たちも『頭と舌』に自信を持っている。

三階の授業を一階でやればいいことじゃない。

小学生でもわかるような対応を学校は拒否。

月曜日、クラスメートは抗議ストを実行した。

勉強も忙しいが血気盛んな17、8。
フランスは飛び級もありなので、もっと若い生徒もいるかもしれない。
だれもが将来の正念場。
それでも伝統校にたてついた。

三日後、学校が譲歩。
転校は白紙に戻る。

弁の立つフランス教育育ち VS 向こうの主張に抗戦する学校陣。
相手の主張っていうのは、すべてを受け入れることじゃない。
学生だからと足蹴にすることでもない。
お互いに意見を表明して、双方納得する着地点を見つける。
こういう交渉を幼いころから重ねていけば、嫌でも経験値は上がる。

どういう交渉があったのか、見てみたかったなぁ。




ニュースソース DNA (Les Dernières Nouvelles d'Alsace)



にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村








[PR]
by mkbookies | 2016-10-13 06:46 | 時事 | Comments(0)

イギリス EU離脱投票

選挙投票年齢が低ければ、まったく違う結果が出ただろうに。
[PR]
by mkbookies | 2016-06-25 05:23 | 時事 | Comments(0)

お金の話

教習を受けたくなければお金で解決いたしましょう。
2千から8千ユーロ。これで県庁に運転免許証を申請できます。
こうして一人頭、日本円にして24万円から98万円がある自動車学校のふところに流れていった。

フランスの無免許運転者は50万とも250万ともいわれる。
理由は免許を取るのにお金がかかる、時間もかかる、言葉も必要(外国語が母国語の人が多いに加え、フランス生まれでも文盲率高し)等々。理由なんて後からいくらでもつけられる。
とにかくこういう自動車学校は、いろんな人にとっては朗報だったに違いない。
自動車学校も100万ユーロ以上、一億円以上を稼ぎ、双方ほくほく、円満解決。
となるわけがない。あと道を走るのは無免許同様の免許保持者だ。
なにはともあれこの情報化時代、噂はあっという間にひろがって、一年半でお縄となった。
フランスもアメリカ同様高校で免許を取らせればいいのに。
そうすれば少なくとも進学率はあがる、かも。

上の記事はFrance infoから。同じサイトで少し前にFacebookがヘルシンキの10歳の男の子に1万ドルを送った話が出ていた。
Facebookがバグ発見者に対して賞金を出すのは知られているが、通常は500ドル程度。
10歳の男の子が見つけたのはインスタグラムに投稿されたデータがハッキングで削除可能となるセキュリティバグ。
1万ドル、100万円を安いととるか高いととるかは大人の判断。
10歳の少年は「自分と双子の兄(弟?)用に新品コンピュータ二台、あとは自転車一台、ボールを一個」に使うのだそうな。
100万円か。
自分だったら何に使おう。
子供の小遣いって言わないでね。

ニュースソースページ Facebookバグ 10歳に1万ドル France Info



無免許数リンク

運転免許も金次第 France Info





にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村



[PR]
by mkbookies | 2016-05-14 06:45 | 時事 | Comments(0)

喫煙フレンチ妊婦 400名で試します

パリの病院、クリニックで400名の喫煙妊婦に朗報です。
タバコを吸わないと20ユーロの報酬が。
おまけにタバコ代も浮き、あなたはお小遣いが増えますよぉ。

研究所の実験であって万人に当てはまるわけではない。
2ユーロって3百円足らず。
ものは試しの実験かい。
吸わない男女に環境保全手当てを出してくれ。

ニュースソース France info


[PR]
by mkbookies | 2016-05-08 08:02 | 時事 | Comments(0)

高校内は禁煙です

フランスで高校内は禁煙というおふれが出た。
学校内に設置されたの喫煙室は非合法、というお達し。
さて喫煙者とは?

Very French、高校生である。
フランスは喫煙の年齢制限はない。それでも小学校では吸わせない。中学も禁煙。学校の周りでも吸わせない。しかし投稿生になると。

通常建物の中では、会社もホテルも大学も工場も禁煙になっている。レストランもかふぇもNo Smoking。吸いたい人は特別喫煙コーナーか、路上で一服。社長も工員も出張者も外部業者もみんな一緒。高校生なら、通常路上、学校の前で吸っている。これが非常に"学校の評判"に影響する。良い生徒がほしい高校は特に敏感だ。よって去年から大きくなってきた声が「校内で喫煙を」

ラジオでこの件を討論するのを聞いたことがある。
ー ではどこで吸えというのか
ー反対者は誰なのか
質問者、年食い過ぎ。

しかしもっと年上が多いであろう行政機関は「校内禁煙」と令を下した。
ホッとした。それでもうちの14才がデビューしてないか心のどこかでひっかかる。


[PR]
by mkbookies | 2016-04-22 10:18 | 時事 | Comments(0)

告発ビデオでフランスの精肉業者、無期営業停止令

肉は食べるけど精肉には関わりたくない。おいしいところだけいただきたい。
自分の手は汚さない、見たくないところは見ない、そういう人は多いだろう。
先日従業員33名、年間生産3千トンという小規模工場の中で隠しカメラが設置された。
そこで撮られた屠殺現場は、安楽死からは程遠いものだった。

力づくで走り回る子羊を追い込み、殴る。
意識不明で吊るされた動物たちは、血抜きの段階で我に返る。
牛も同じ。
昏倒させるため牛は檻に入れられるが、時には二頭同時に処分され、パニックになった牛が折り重なる。

「肉は食べる。しかし動物にはできるだけ穏やかな死を」感情を抑えたビデオで語る動物愛護協会、L214。
ビデオは火曜日に公開され、同日中に役所は無期営業停止令をくだした。



オリジナルの記事、France Infoより。(フランス語)
カメラは見た。市から無期営業停止処分令








にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村






[PR]
by mkbookies | 2016-03-30 05:24 | 時事 | Comments(0)

騒ぎの影で

パリの事件で、他の騒ぎが押されている。
耳に入らない。
知らいないことはいいことなのかもしれない。
ただでさえおしゃべりの多い職場にいるので、平日の日中は時事情報に困らないし。
思いつつも地元のニュースをチェック。

仏独スイス国境近くで、中学生13才が12才を射殺。夕方、下校時の出来事。

ここはアメリカかい。

災難を避けるには、直感を磨くこと。
直感を磨くには、
- リラックスする
- やりたいことだけやる。(やりたくないことはしない)
- 自分に素直になる。
- 明るく、人に感じ良く接する。(敵を作らない)
- ひらめきを大切にする。
それから、なんだっけ。手当たり次第に感謝する、だったかな。
これに「今日も一日謙虚になりたいと思う」と来ると、「波動」まで上がっちゃうよ。(「」内はピーコと愛子のあの世とこの世より)

そんなことに頼りたくなる。

今日も一日元気に過ごしたいと思う。







にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


[PR]
by mkbookies | 2015-11-17 15:36 | 時事 | Comments(0)

I Pray for Paris




- Imagine





b0321934_08575275.png




I pray for Paris
and TGV


神は、人をあやめろと教え給うたか。
神の名を無体に語ることなかれ。





にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


追記:
TGVはテロではありません。
時速350KM前後の試運転。
けが人の中に子供も含まれ。
試運転にどうして子供が。

フランス鉄道SNCF、パリに行くのに、鈍行という選択もください。



[PR]
by mkbookies | 2015-11-15 09:14 | 時事 | Comments(0)

この冬のパリは寒いそうな

理由: 動物園のクマが、冬ごもり準備を始めたため。

こういう根拠が一番当たるかと。

一方、フレンチ気象局、メテオフランスは今のところ、向こう三ヶ月は温かいと予報を出している。
ここ一週間は小春日和が続いていた。こういう年は冷え込むものだと、世間の意見はクマのほうに傾きつつある。
さて軍配は、どちらにあがることでしょう。

と、言っていられるうちが華。


根拠: FranceTVinfo


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村



[PR]
by mkbookies | 2015-11-13 04:51 | 時事 | Comments(0)