カテゴリ:つれづれ( 40 )


暇である。

昨年、親の病気で実家に緊急帰省、
その後親は持ち直し、必要の迫られるかと思って取った介護の資格で職も得た。
(みなさん、かいご、おもしろいよ~。うちは特に通い得だよ~)

で、ほぼ一年。
慣れた結果、

暇である。

確かに体力は使う。
夜勤もある。
どきどきである。
でも、私の晩は利用者さんはみんな安眠してくれる。朝起きてどろどろのなっていた方も、すんなり着替えをしてくれる。
普段は反抗心明らかな方々も、私の朝に限ってはあ~ら不思議。
(やっぱりあのにキッズと、モラハラ毛たっぷりのストレスに弱い体育会系旦那を数十年いなした過去は無駄ではなかった)

で今の手ごたえは頼りない。

暇すぎてふっと申し込んでしまった。
「実用フランス語検定一級」

だって二級はもう大昔に取ったんだもん
だってDELFもDALFもやったし
だってあんまりにも暇だったんだから

申し込んで過去問を見る。



むんずかしい。

イデオム?
スペル?
作文、それも手書き?
四者択一じゃないの!??? 
フランスにマークシートはないの?
加えて質疑応答? 
洗練されたフランス語の発音と語彙、そして正確さぁぁぁぁぁ!!!

わしゃぁアルザス育ちだで。



今、発音矯正本片手に、小学館 ふらんど でぃくしょねー ふらんせ じゃぽね、読んでます。


一か月半で、私の骨身に染みるかしら。
期待してね。
b0321934_15264830.png











ロベール仏和大辞典 
小学館









にほんブログ村 本ブログ 洋書へ




[PR]
by mkbookies | 2017-09-26 15:13 | つれづれ | Comments(0)

スーツでマラソン、パリ完走。

仮装マラソンはよくあるけれど、スーツにネクタイで走って自己記録を更新。
4/9のパリマラソン、タイムは2h46。
世の中には、そういうことができる人がいるもんだ。

なんでも、結婚式に行った時、車に忘れ物をして、取りに走ったことがあったそうだ。
その姿を見た友人に、「いい感じで走ってるじゃん、マラソンそれで出たら」と言われたのがきっかけだとか。

ビデオはこっち

走れる人は何をやっても走れるのね。




[PR]
by mkbookies | 2017-04-20 21:52 | つれづれ | Comments(0)

人事異動を告知され

親が倒れて一年とワンシーズン、
親の復活と前後して介護施設で働きはじめて半年、
人事異動の告知を受けた。
異動先は高齢者ホーム。
今までのところは障がい者高齢ホーム。

ふむ。

障がい者施設の求人が気になってくる。

なぜに障がい者?
思いつつ応募のメールを書いていて思いたった。

障害者が街にいないから。
坂の多い街にいることもあるが、住宅地近辺にも車椅子を見ない。ベットで移動する人もいない。大きな街の車椅子利用者にしても、若すぎる。

一昨年まで普通に見かけた車椅子観光者、近所の白杖、盲導犬、遺伝子がたまたま回転を違えて育った人たち。
いないじゃん。ここは。
排他された?
病院、施設、引きこもり?

あっちはエレベータのないアパートでも、親族若もん動員して移動してたぞ。1260年代築の美術館には車椅子用の出入り口があり、石畳もへこまず車椅子もベビーカーも入り乱れていた。(大変そうだったけど)

そっか、故郷の町は何か足りないと思ってた。

というわけで障がい系の外出に携わる仕事を探している。

今のもきちんと努力してるけどね。



[PR]
by mkbookies | 2017-04-19 13:43 | つれづれ | Comments(0)

書店断ち

思うとこあって、「○○ができるようになるまで本を買わない」と決めた。
例外はプレゼント本。
つまり自分のための本は、目標達成までは買わない、ということ。
この日曜日の話だ。

目標も、東大合格のような、私にとってハードルでしかないものではなく、もう数週間前に達成できていてもおかしくなかったもの。

そして二日。

古来の風習、「お茶断ち」「酒断ち」は、目標達成のためにもかなりの効果があることを、この歳になってはじめて知った。

ケツに火がついたってやつです。

明日もきっとうまくいく。




にほんブログ村 本ブログ 洋書へ


[PR]
by mkbookies | 2016-12-06 10:40 | つれづれ | Comments(0)

水道の水が階下まで フランス ブルターニュにて

フランスの新聞から:

上のウチから水が漏れてます。
上は留守で、留守番は犬が三匹。
喉が渇いたワンコが、お風呂場の水道のレバーを上げて飲み、閉め忘れたことが原因の模様。
こちらがワンコちゃん。https://www.chien.fr/race/berger-belge-malinois/
ベルギーのシェパード犬 マリノア。
ニュースソースはこちら http://m.20minutes.fr/rennes/1943151-20161015-bretagne-inondation-causee-trois-chiens-assoiffes



[PR]
by mkbookies | 2016-10-16 06:11 | つれづれ | Comments(0)

神戸にて “消えたスヌーピー像”

筒井康隆氏、「旅のラゴス」を読みたくて、まずは図書館で検索をかける。
この人、神戸に住んでたんだよな、思いつつ結果を見ると、市内全区の図書館で計14冊、全巻貸し出し中。予約98件。
新刊本でもないのに。
本屋の店頭ではまだ見たことがない。古本屋をめぐるか?
さてどうやってゲットしよう。

とにかく図書館に出向いた。そこで目についたのが三浦しをん「本屋さんで待ち合わせ」。この書評集に入っていた井上荒野さんの「潤一」を読んでみた。そこから名前つながりで谷崎潤一郎を読みたくなる。まずは細雪。実家にある文学集からなので旧仮名遣い。新仮名で読んだことがあるので苦労はしないけれど、でも昔の阪神を旧仮名で読むと、なんだか情緒あるもんだ。

情緒と言えば異人館の多かった神戸、また一件老朽化と耐震性の問題で歴史を閉じようとしている建物がある。
神戸駅近くのファミリアがはいっていた元銀行の石造り建物だ。取り壊されることになり、問題になったのが玄関先に鎮座する石のスヌーピー
あまりにも普通にいるので、いて当たり前。まぁたまには頭でもなぜてやろうかというちょっと重鎮だがどこか抜けた雰囲気をいつも漂わせていた。
どうもこのスヌーピー、ファミリアのものではなかったらしい。
路上にあるので市の建造物化と言えばそうでもない。
いまや誰のものでもない野良スヌ。建物解体の前で、彼の運命はいかに。
案じる間もなく早々に姿を消した。

そんな記事が6月26日に、神戸新聞に載っていた。
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201606/0009218080.shtml

市民に安否を気遣われるスヌーピー。
ミステリーにでも迷いこんだかのような記事だった。






にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村



[PR]
by mkbookies | 2016-07-01 07:15 | つれづれ | Comments(0)

王子動物園 大人のための動物園講座

「王子動物園に行こう」
遠方の叔母が、臨月だった母と長男を迎えにはるばる車で出向いてくれた日、胎児だった私はこの世に出てこようと思った。のかどうかは知らないが、生まれてすぐ遊びに行けると思うへんはとっても私だ。前日まで兄(長男)や母が動物園の話をするのに羨んだのか、単に腹の中が飽きたのか、はたまた母が押し出したのか、今となってはさっぱり記憶の果てだ。なにはともあれ当時の王子動物園は、チンパンジーやカンガルーのお産は診ても、ヒトのお産は範疇にはなかった。かくて私と母はお出かけを逃し、1歳半だった兄はまんまと従兄姉たちとの楽しい動物園を満喫したのだった(はず)

 その後無事に生を受け、神戸生まれの神戸育ちとなった私は花見に写生会に秋の遠足に、さんざん動物園まで歩かせられる幼年時代を送った。それでも逃した魚は大きい。動物園で生まれていたら、生涯動物園フリーパスなるものを手に入れていたかもしれなかったのに。

そんな制度は存在しないのだけれど。

先日「王子動物園 大人のための動物園講座 参加者募集」を聞いた。
第36回ということだが、初めて耳にした。定員60名。潜りこめるか? 淡い夢を抱いて申込み、約250名の応募の中に見事にうずもれてしまった。
応募するときに思ったのだ。
— 兄の名前で申し込もうか。

兄は名前を書けば懸賞に当たる特異体質。
幼稚園の抽選、甲子園の内野席も難なくクリアする福男体質。
あの時兄の名前を書いておけば。
そうしたら、幼少時の動物園に置いてきぼりを食らったトラウマも、少しは溜飲を下げられたことだろう。

あぁ行きたかったな。





にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

[PR]
by mkbookies | 2016-06-16 22:26 | つれづれ | Comments(0)

生涯勝負の中、マスクは戦線放棄の証

フランス人は服を何着かしか持っていないとか、インテリアがどうのとか、靴がどうのとか言う前に、マスクを断捨離したら?

あの国は棺桶に両足を突っ込むまで男女現役、戦々恐々。
マスクをするくらいならスッピンで歩く人ばかり。

マスクはもしかしてイスラムのスカーフと同じ意味なんだろうか。

思っていたら気がついた。
かの国、病院関係者だって手術以外はマスクしない。
看護師だって医師だって、一分一秒が勝負だからね。

同じ理由で、鼻をすするくらいなら盛大にかんだ方がモテるよ。言いたくなる男たちがこの国には一杯いる。

まぁ、ここはここでいいところがいっぱいある。
大和魂だって悪かない。
それでも、そこの方、一言言わせてください。
あなたあそこで鼻すすってなかったら、きっとあの女(ひと)は会話を続けようとしてくれただろう。

[PR]
by mkbookies | 2016-05-27 09:59 | つれづれ | Comments(0)

ふらんす

フランス、すごいなぁ、かっこええ、素敵〜

言われることがある。
なにをおっしゃるうさぎさん。

今日久々に街中でフランス語を聞いた。
20前後のおねぇちゃん二人連れ。
第一印象
気ぃ強そ。

世間で女の子のは可愛けりゃおバカでも、な歌が標的に上がっている。
アインシュタインでもオリヴィア・ルイズでもどんな御器量でも、おつむでも、相性合わんとあのご気性じゃ。

いや別に、お付き合いするわけじゃないから、どうでもいいんだけどね。

萩尾望都のあぶな坂HOTELを読む。
この構成、発送、コマ運び。
劇場を見て中島みゆきも観るとこうなるのか。
「女の一生」なんて、本当に徹底分析したくなる。
この人ホントに天才だわ。



b0321934_06465145.png









フランスつながりでおまけ。





宮崎県小林市 移住促進PRムービー "ンダモシタン小林"

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


[PR]
by mkbookies | 2016-05-18 10:26 | つれづれ | Comments(2)

粗雑なムスメの無配慮な発言

母の見舞い時、宝くじに当たったら、とかいう話をしていた時、つい言葉が出た。
ー あなたの歳じゃもう不意に遺産は湧いてくることもないやろけど。
母82、配偶者健在。私に先に逝けと言うのかと、見るからに顔が怒っている。
私、慌てて説明を加える。
ー 遠い親戚の顔も見たことがないアメリカのオジさんが、パイナップル畑で成功しとって、いきなりその土地を相続した、みたいなそーぞくの話で
ー 土地切って送ってくるんかいな。


母も健在。


[PR]
by mkbookies | 2016-04-26 05:26 | つれづれ | Comments(0)