書店断ち

思うとこあって、「○○ができるようになるまで本を買わない」と決めた。
例外はプレゼント本。
つまり自分のための本は、目標達成までは買わない、ということ。
この日曜日の話だ。

目標も、東大合格のような、私にとってハードルでしかないものではなく、もう数週間前に達成できていてもおかしくなかったもの。

そして二日。

古来の風習、「お茶断ち」「酒断ち」は、目標達成のためにもかなりの効果があることを、この歳になってはじめて知った。

ケツに火がついたってやつです。

明日もきっとうまくいく。




にほんブログ村 本ブログ 洋書へ


[PR]
by mkbookies | 2016-12-06 10:40 | つれづれ | Comments(0)
<< いい加減な夜食 秋川滝美 13人のテーブル /13 à ... >>